日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 合掌造りの村に突如現れる”超B級”駄洒落スポット『かえる神社』
【退屈巡礼】vol.19

合掌造りの村に突如現れる”超B級”駄洒落スポット『かえる神社』

tokyokaseryo.jpgあまりに強烈すぎて、どこからツッコミ入れていいものやら分からない。

この退屈なご時世に、退屈しのぎに退屈そうな場所に行ってみるシリーズ【退屈巡礼】。第19回は、下呂温泉にあります『かえる神社』をたずねてみました。下呂温泉に、なぜ、かえる……? そこには意外な理由があったのです。神社内の様子はこちらから

 梅雨のシーズンは、天気が悪いってだけで何もかもめんどくさくなって気持ちも沈みがちなもの。こんな季節に元気なのはカエルぐらいなもんですね……と、思いっきり強引にカエルの話を持ってきましたが、今回紹介いたします「かえる神社」そのものが強引というか無理矢理感でいっぱいなのでご勘弁ください。

 そもそもこの「かえる神社」は下呂温泉近くの「下呂温泉合掌村」内にあるのですが、下呂→ゲロ→ゲロゲロ→かえる……という、存在自体が単なる駄洒落の産物。別にこのあたりにカエルに関する伝承があるとか、特にカエルが多いとかいうことは一切ありません。それどころか、「神社」かどうかも怪しかったりする、まさしく”これぞB級!”というスポットです。以前にこの連載でも紹介した「ガマ洞窟」(記事参照)といい、どうしてカエル関連の施設はこうB級テイストが強くなってしまうんでしょうか?

 とにかく「神社」というわりには、まったく神聖な感じがしない建物の中に入ってみますと、とりあえず賽銭箱と、ご神体らしき大きなかえる様が鎮座しております。ちなみにその名も「加恵瑠大明神」(かえる大明神)。またしても駄洒落。そんなワケでまぁ、あまりご利益は期待しないで賽銭を投入してみますと、なんとな~くカエル的なお声で「これであなたも無事かえる……」と御神託もやっぱり駄洒落。

 しかし、駄洒落の連発はまだ終わりません。隣に目をやると、レオタード姿のカエルが強烈すぎるインパクトを放つ「若ガエル」。頭身のバランスといい色彩感覚といい、狙ってもなかなか出せないユルさを醸しております。そしてお次は交通安全の「無事カエル」。いきなり加恵瑠大明神の御信託とネタが被っていますが、周りに飾られたカエルの交通標識に免じて許したいところ。……って、以上? どうせならあと2つか3つぐらい駄洒落の大ネタを考えてほしかったところですが、あとは「世界のカエル」なるグッズコーナー(正直、ちょっとしたカエルコレクターならもっといろいろと持っていそうな気が……)と、いちおう神社らしく「かえるおみくじ」や「かえる絵馬」(絵蛙と言うべきか?)など、一般的な観点のクオリティとしては実にビミョーな線ですが、B級スポットとしての完成度はカンペキと言ってもいいでしょう。この連載の本来のコンセプトである「がっかりを楽しむ」にこれほど即した施設はそうそうあるものではありません。

 さらにこの「かえる神社」だけでなく、合掌村内にはなんともアレな雰囲気のプチ博物館が点在しています。世界遺産で有名な白川郷から移築してきた合掌造りの民家があると聞いていたので、てっきりもっとおごそかな所かと思いきや、予想外にフランクな和風テーマパークといった趣き。「もっとお堅いヤツかと思っていたら、けっこうシャレが通じるんだな!」という感じです。白川郷では絶対にできない遊び方(ジャンボすべり台とかありますし)で楽しむのが吉でしょう。やっぱり温泉地のスポットはこうでないと!

tokyokaseryo.jpgまったく神社っぽくない「かえる神社」外観。

tokyokaseryo.jpgとりあえず、カエルの置物は各種並べられています。

tokyokaseryo.jpgこちら御神体の「加恵瑠大明神」。この無理矢理な当て字が
すべてを物語っているような。ステキです。

tokyokaseryo.jpg
tokyokaseryo.jpg
tokyokaseryo.jpgこちらは「無事カエル」。交通標識のパロディーがいい感じ。
落石注意のカエルとか、無事じゃ済まないカエルもいますけどね。

tokyokaseryo.jpgカエルグッズのコレクション展示も有り。ここはさらなる充実を期待したいところ。
残念ながら、生きたカエルの飼育はしていませんでした。

tokyokaseryo.jpgいちおう「神社」ですので、絵馬(絵蛙?)やおみくじもあります。
ご利益の方は…まぁ「鰯の頭も信心から」ということで。

tokyokaseryo.jpg
tokyokaseryo.jpg
tokyokaseryo.jpg神社の外にも、カエルのオブジェが
あちこちに。いちいち脱力を誘ういい感じ。

tokyokaseryo.jpg遠目にはおごそかな雰囲気の「合掌村」ですが、中身は意外とB級感も楽しめる複合スポット。
見た目だけではわからないものですね。

●ご利用の心得

・とにかく「ザ・B級スポット」。愛すべきチープ感に溢れています。
・期待をするのは、罪です。
・「下呂温泉合掌村」と世界遺産にもなっている白川郷の合掌造り民家群は、わりとご近所ですが、別物なのでご注意を。

●あまり親切でないご利用案内

■営業時間 午前8時30分から午後5時
■休園日 通常無休、平成21年の12月30・31日と平成22年1月5・6日は休園
■入場料 大人800円 小中学生400円
(下呂温泉合掌村入場料。かえる神社は無料)
■所在地 岐阜県下呂市森2369番地5
■アクセス JR高山本線・下呂駅より徒歩約20分、またはバスで約6分。車の場合、中央道・中津川I.Cより国道257号経由で約1時間。もしくは東海環状自動車道・富加関I.Cより約1時間10分。または東海北陸自動車道・郡上八幡I.Cより約1時間30分。
■HP http://www.city.gero.lg.jp/kankou/
(「下呂市観光情報」内)
(取材・文/大黒秀一)

マグノリア コレクターズ・エディション

カエル好き必見?

amazon_associate_logo.jpg

●連載「退屈巡礼」INDEX
『コスモアイル羽咋』に愛すべき”UFOバカ”のド本気を見た
『横浜税関資料展示室』のハードコア展示にお役所の狂気を垣間見る
こ、怖すぎる! いにしえの猟師の暮らしを超リアル再現『平家狩人村』
マニア必見!? レトロモダンな”団地”を完全再現『松戸市立博物館』
トラウマ必至の地獄絵図『伊豆極楽苑』がヤバすぎる!
「税金の無駄遣い!」山梨『大門碑林公園』は今日も閑古鳥
“暴走”するハコモノ!? マニア垂涎『彩の国ビジュアルプラザ』
年間10ヶ月オフシーズン『ほたるいかミュージアム』は大丈夫か
食べて満足!? 『駿河湾深海生物館』の深すぎるユル空間
B級スポット…じゃなかった!!『かまぼこ博物館』の超A級展示
謎の珍棒に「タッチ・ON」!? 那須高原『SLランド』で子供が号泣中
守衛も呆れる奇跡のダメハコモノ?『大型児童館 ビッグバン』
空飛ぶガマ!? がっかりを楽しむB級スポット『ガマ洞窟』
ユルいからこそ胸を打つ!?『関ヶ原ウォーランド』の反戦主張
世界の中心で「発祥」を叫ぶ!? 愛知『桃太郎神社』の本気な主張
そこに未来はあるか!? 『リニア見学センター』の意外な現実
これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみた

最終更新:2014/06/19 13:15
関連キーワード

合掌造りの村に突如現れる”超B級”駄洒落スポット『かえる神社』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ビートたけし「FRIDAY被害者の会」

 ビートたけしが襲撃された!というニュースを...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真