日刊サイゾー トップ > 芸能  > スポニチに謎の坂本冬美ちょうちん記事 その真相は手痛い誤報だった!?

スポニチに謎の坂本冬美ちょうちん記事 その真相は手痛い誤報だった!?

sakamotofuyumi.jpg『坂本冬美 2009全曲集』EMI MUSIC JAPAN

 1月4日付のスポーツニッポンの芸能面を、坂本冬美に関するトップ記事が飾った。NHK『紅白歌合戦』で歌った「また君に恋してる」が着うた最大手「レコチョク」の着うたフルの総合ランキング100位圏外から11位に一挙に浮上した、というものだ。地味ながらニュースといえばニュースであるが、文章全体に歯の浮くようなヨイショが目立つ。広告でもないのに、なぜこんな記事が……? 関係者が裏事情を明かす。

「昨年末の12月31日、スポニチは紙面で紅白出場歌手の一覧を顔写真付きで掲載したんです。当然、坂本冬美も入っていました。ところが、顔写真が違っていた。香西かおりの写真になっていたんです。現場記者もデスクも校閲も気づかず、紙面になってしまったのです。4日の記事は、そのおわび記事と言った方がいい」

 世間的に顔が知られていない人物の顔写真を取り違えることはあり得ないことではないが、有名人の写真を間違うことは「ウチならあり得ませんね」と同業他紙の記者。何やら、斜陽産業の社内システムの劣化を物語る出来事だが、今回の騒動を決着させるにはもうひとつ、ある記事が出ることになりそうだ。前出関係者が再び耳打ちする。

「坂本側を気遣った記事はこれでOKですが、今度は香西サイドを記事で扱わなければならない。いずれ、その手の記事が出ると思いますよ」

 スポニチにとっては、なんとも辛い年明けになってしまった。

坂本冬美 2009全曲集

系統は似てるよね。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 赤報隊虚偽告白記事 批判のジャーナリストに”報復”を目論む新潮社の愚
【関連記事】 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か
【関連記事】 「日刊スポーツの誤報だった!?」日テレ宮崎アナの退社騒動は何だったのか

最終更新:2010/01/07 11:00
こんな記事も読まれています

スポニチに謎の坂本冬美ちょうちん記事 その真相は手痛い誤報だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真