日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「どうしようもない感じがグッとくる」みうらじゅんの”修行”的映画鑑賞法
『映画批評大全2006-2009』出版記念インタビュー

「どうしようもない感じがグッとくる」みうらじゅんの”修行”的映画鑑賞法

mj0226.jpgMJの批評ターゲットは”観たくない”映画!?

 映画好きとしても有名な、みうらじゅんによる新刊『そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全2006-2009』(洋泉社)が発売となった。映画専門誌「映画秘宝」(同)での4年分の連載をまとめた批評本ということだが、取り上げた映画のラインナップを見てみると、『ごくせん THE MOVIE』『ホームレス中学生』『セックス・アンド・ザ・シティ』『チェケラッチョ!!』など、コアでカルトな映画を愛する同誌の読者層とは、少々ズレた作品ばかり。

 なぜ、このような映画をわざわざ選び、観に行くのか。また、本のタイトルにある「そこがいいんじゃない?」とはどんな意味なのか、本人に話を聞いた。

――コアな映画情報に定評のある「映画秘宝」の連載としては、映画のラインナップに違和感がありますが。

みうらじゅん氏(以下、みうら) ”大丈夫な映画”っていうのは、「映画秘宝」にちゃんと載ってますから、そっちの記事を見ればいいわけで。僕の連載では、「映画秘宝」が取り上げないような、「映画秘宝」読者が”観たくない映画”を頑張って観るようにしました。修行だと思って。

――なるほど(笑)。本のタイトルにある「そこがいいんじゃない!」とは?

みうら 当然、”観たくない映画”を観る時に必要な呪文です。「ああ、キツいな~」と思っても、「そこがいいんじゃない!」を唱えれば、どんなことでも肯定していける。密教以来の呪文ですね。

mj0226_2.jpg

――”観たくない映画”というのは、事前に内容を調べて判断されるんですか?

みうら 全く調べないです。タイトルだけで臭いを嗅ぎ分けてます。キツい映画って、タイトルからしてプイ~ンと来るじゃないですか。『チェケラッチョ!!』とか、タイトルからして絶対寒いに決まってると思いました。

――『チェケラッチョ!!』(市原隼人主演)は、本の中でも「鳥肌映画」と紹介してましたね。

みうら 陣内孝則さんが「チェケラッチョ!!」ってやるシーンが、たまらなく寒いんですよ。みんな「俺は酔ってもこれだけは言うまい」と思ってることって、何個かあるじゃないですか。それを堂々とやってる人を大画面で見せられちゃ、演技とはいえ鳥肌も出ますよ。

――ちなみに、映画を観に行く時に心掛けていることはありますか?

みうら 平日の朝一ですね、やっぱり。朝一の「銀座シネパトス」とか行くと、ものすごいダメな感じの人たちに参加した気がして。そのどうしようもない感じが、またグッときていいんだよね。

――ところで、今回の本では、映画の批評コラム以外に、生前に行われた故・水野晴郎さんとの対談も収録されていますね。今、水野さんを思い返してみていかがですか?

みうら 僕、今でも夜道とか歩いてる時、わりと水野さんとしゃべるんですよ。

――チャネリングですか!?

みうら そうですね。僕、だんだんおかしくなってきまして、亡くなった数人と交信が取れるようになりましたんで。

――ちなみに水野さんとはどんな会話を?

みうら 水野さんはあっちで『シベ超』(「シベリア超特急」シリーズ)の新作を書いてるっておっしゃってましたね。生前、水野さんから『シベ超』出演のお誘いを頂いてたんですが、毎回お断りしてたので、僕があっちに行った時は出なきゃいけないなと思ってます。

――いよいよ『シベ超』に出演なさるんですね。

みうら ええ、あっちでね(笑)。

――実は、これから公開される映画のタイトルリストを持ってきたのですが。この中に、題名だけでプイ~ンと臭う作品はありますか?

みうら おっ、見せて。(タイトルを眺めて)『マイレージ、マイライフ』っていいねえ。タイトルがダサい(笑)。

――ジョージ・クルーニー主演のコメディー・ドラマだそうです。

みうら ジョージ・クルーニーの映画かあ。じゃあ、僕が行かなくて大丈夫ですね。きっと面白いでしょ。これ、原題もこんなにダサいのかなあ。

――原題は『Up in the Air』だそうです。

みうら やっぱりねえ。僕を引っ掛けようと思ってこの邦題にしたんですね。……あ、この『誰かが私にキスをした』っていうのキツそうですね。

――掘北真希と松山ケンイチ主演のラブストーリーだそうです。

みうら 誰かが私にキスをしたなんて、普通キスされたら分かるじゃないですか。でもそれをワザと言ってくるところに修行の臭いがしますね、この映画。じゃ、次は『誰かが私にキスをした』を観ることにします。
(取材・文=林タモツ)

そこがいいんじゃない! みうらじゅんの映画批評大全2006-2009

いいんじゃない?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 みうらじゅん、ひこにゃんピンチに物申す
【関連記事】 アイドル小明と行く、サブカル魔窟『中野ブロードウェイ』
【関連記事】 「感動もトラウマも、すべてここにある」”サブカル聖地”ロフトプラスワンの道標

最終更新:2010/02/26 18:00
こんな記事も読まれています

「どうしようもない感じがグッとくる」みうらじゅんの”修行”的映画鑑賞法のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真