日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「夫が再逮捕されれば……」酒井法子 進まない離婚協議に困惑中

「夫が再逮捕されれば……」酒井法子 進まない離婚協議に困惑中

norip1211.jpg平穏な日々はまだ遠く……

 夫である高相祐一が先週発売の写真誌「フラッシュ」に”シャブ購入現場”と銘打ったスクープ写真が掲載され、動向が注目される酒井法子。いまだ離婚が成立していない2人だが、その裏では子どもの親権争いで、高相の両親と意見が対立し、話し合いが平行線を辿っているという。

「高相の両親は、離婚することについては認めたものの、親権については譲らないと主張している。高相自身は、両親の言いなりですからね。ただし、今回の”シャブ購入”疑惑に当局のメスが入り、再逮捕されれば、両親も親権を放棄せざるを得ない。酒井を取り囲む人たちは、早く警察に決着をつけてほしいと思ってますよ」(夫婦を知る芸能関係者)

 昨年12月に、覚せい剤取締法違反でのお互いの刑が確定した段階で離婚の話し合いが持たれたが、酒井サイドの「離婚したい」という意向に対し、高相と彼の両親は猛反対。協議は暗礁に乗り上げて、越年した。

「継母が止めていることもあって、今年に入って、酒井は高相とは一度も会ってません。創造学園大学の通信教育をマジメに受けてます。一方、酒井と子どもに会えないストレスが溜まっているのか、高相は渋谷の風俗街に頻繁に現れて、自堕落な生活を送っているようですね」(前出の芸能関係者)

 一方、酒井を妻として高く評価していた高相の両親は最近になって、「バカな嫁をもらったから、息子はおかしくなった」と言い出し、離婚については認め始めたという。

「ただし、離婚は認めるが親権はよこせと言っている。自分らの全財産を孫に渡すから、親権だけは譲れと一歩も引かないんですよ」(前事務所関係者)

 それでも、高相が再犯で逮捕なんてことになれば、両親は親権を諦めざるを得ないだろう。

「20年くらい前からクスリをやっていたといわれる男に、前回の事件による執行猶予処分は甘いくらいなんです。高相の再犯の可能性は高い。再逮捕されて、専門施設で中毒を治すしか方法はないですよ。彼の周囲もそれを願ってますよ」(警察関係者)

 昨夏から続く”のりピー騒動”は、まだまだ終わっていない。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

酒井法子 孤独なうさぎ

とりかえしのつかないことって、あるんだなぁ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 のりピー夫”再犯”スクープの「フラッシュ」がその場で通報しなかった理由とは
【関連記事】 離婚寸前!? のりピー旦那・高相の親が「あのバカ妻のせいで息子がダメに」
【関連記事】 本物? ニセ物? のりピーフェラ動画に振り回されるメディアの裏事情

最終更新:2010/04/08 20:10
こんな記事も読まれています

「夫が再逮捕されれば……」酒井法子 進まない離婚協議に困惑中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真