日刊サイゾー トップ > 芸能  > 救急搬送報道を全面否定した”朋ちゃん”華原朋美 崩壊する復帰計画

救急搬送報道を全面否定した”朋ちゃん”華原朋美 崩壊する復帰計画

tomomikahara0901.jpg『nine cubes』(ダブリューイーエー・ジャパン)

「歌舞伎町に最後に行ったのは10年前」

 歌手・華原朋美が29日深夜、新宿・歌舞伎町でタクシーに乗ったまま意識もうろうとなって新宿署に運ばれ、病院に搬送されていたことが報じられたが、スポーツ紙の取材に華原本人が「歌舞伎町に行っていない。タクシーにも乗ってない」と真っ向否定する奇妙な状況になった。

 華原の言い分は当日、ボランティア活動後にジムで汗を流してから帰宅、食事をして就寝したという。だが、病院に移送した新宿署は彼女の身元確認をしている。署の関係者によれば、「運転手から”客が行き先も言わず寝てしまい困っている”と相談され彼女を降ろしたが、ちゃんと話もできない状態で署内の長椅子に寝てしまった」という。

 本人は酒や薬を飲んでいないと言ったというが、微熱があることが分かって病院に搬送したところ、急性薬物中毒の疑いがあるとの報告があったとされる。過去にも睡眠薬などの薬物依存が何度か伝わった華原だけに、警察とどちらに信用性があるかは言うまでもないが、本人が必死に”事実無根”としたのには理由があるようだ。

「再デビューを計画を進めていたからです」

 こう明かすのは、ある芸能プロ関係者だ。華原は07年、仕事のキャンセルが相次いだとして、所属事務所から契約を解除されて以来、芸能活動は休止状態となっている。一部報道では、元恋人・小室哲哉のプロデュースでの再デビューというプランも浮上していたが、この関係者はそれを否定する。

「そんなスキャンダラスなものではなく、華原の復帰プランは、いまやっているボランティア、子どもたちのメンタルカウンセリングを軸にしたもので、彼女の経験も役立たせたドキュメントをテレビ番組や本にまとめようというもの。それには華原自身が立ち直っていることが大事だったんだけど、今回の件で全ては白紙になってしまっただろう」

 報道を否定する華原を見て、ファンからは「記憶を失くすほど朋ちゃんはおかしくなってしまったのか?」という不安の声もあったが、仕事への復帰意欲から出たウソなのであれば、むしろひと安心か。

 華原をよく知る別の芸能関係者は「彼女はまたタレント活動を強く望んでいる様子。仕事に支障をきたさないのであれば迎えてあげたいんだけど」とも話している。

 またもイメージダウンで復帰は遠のいてしまったが、彼女の母親のビジネスが順調であることから、幸いにも生活環境は良好であるとも伝わっている。

 ここは焦らず療養して、あの「朋ちゃんスマイル」をまた見せてほしいものだ。

nine cubes

ダメだこりゃ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
トモちゃんがいよいよ復活!? “プッツン女”華原朋美が水面下で就職活動を開始!
「六本木のカラオケで熱唱中!?」”朋ちゃん”こと華原朋美が年内に芸能界復帰か
作詞も作曲も……実は自分で作ってない? Jポップ界の”偽装表示”疑惑

最終更新:2010/09/01 11:34

救急搬送報道を全面否定した”朋ちゃん”華原朋美 崩壊する復帰計画のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真