日刊サイゾー トップ > 芸能  > “ベストセラー作家”水嶋ヒロ 将来を見据えてエイベックスに移籍か?

“ベストセラー作家”水嶋ヒロ 将来を見据えてエイベックスに移籍か?

mizushimahro02-mini.jpg次は絢香作詞作曲で歌手デビュー
しちゃう?

 昨年9月に大手芸能プロ「研音」を退社した俳優の水嶋ヒロに、エイベックス移籍情報が浮上している。

「結婚した絢香と共に、エイベックス移籍の話が水面下で進められていますよ」(外資系レコード会社幹部)

 水嶋は、2009年に同じ研音に所属していた人気アーティストの絢香と事務所に事後報告で入籍したことで同プロの怒りを買ってしまい、これがきっかけとなって昨年退社。事務所サイドが「執筆活動に専念する」と一方的に発表したことから、水嶋は”芸能界引退”と報道された。

「水嶋はフジテレビの朝の番組を通じて引退を否定したんですが、研音としては、彼を引退に追い込みたかったんですよ。絢香も研音を辞めていたことが明らかになり、所属していたレコード会社『ワーナーミュージック』との契約も去年3月で切れていた。エイベックスは絢香を欲しがってましたからね。直後から、絢香にアプローチしてましたよ」(某音楽プロデューサー)

 一方、水嶋は処女小説『KAGEKOU』が第5回ポプラ社小説大賞に選ばれて、あれよという間にベストセラー作家になってしまった。

「処女作としては及第点の出来でしょうが、今回は話題先行でたまたま売れただけ。当面は、知名度でなんとか喰っていけるかもしれませんが、将来を考えれば、作家だけでは心もとないですよ。かといって、研音をクビ同然に辞めていますからね。芸能界の表舞台で俳優としてやっていくには、強力な後ろ盾が必要です。その点、エイベックスは研音とも親密な関係ではないし、俳優部門も強化している。絢香と共にエイベックス移籍は現実味がありますよ」(大手プロ幹部)

 沢尻エリカの件でも移籍騒動が取り沙汰されたエイベックス。少々傷があるくらいのタレントが好きなようだ。

オール・アバウト・エイベックス

さすが、芸能人再生工場。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「中傷記事をお願い!?」水嶋ヒロバッシングに見る前所属事務所との遺恨
「映像化のプランも頓挫しそう」水嶋ヒロ処女作『KAGEROU』はやっぱり悪評三昧!?
醜い争い!? 沢尻エリカをめぐる夫・高城剛とエイベックス松浦勝人社長の場外バトル

最終更新:2011/01/19 08:00
こんな記事も読まれています

“ベストセラー作家”水嶋ヒロ 将来を見据えてエイベックスに移籍か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真