日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高城氏は呆然、たかの友梨はニンマリ? 沢尻エリカのご乱心再び

高城氏は呆然、たかの友梨はニンマリ? 沢尻エリカのご乱心再び

erika0513.jpgもう放っておきましょう。

 23日に開催された「たかの友梨エステティックシンデレラ大会」で、夫の高城剛氏との離婚合意を発表した沢尻エリカ。ところが、一方の高城氏は「離婚合意など寝耳に水」とコメントを出し、「またしても、沢尻が錯乱しだした」と業界関係者を呆れさせている。

 沢尻が今回の発言に至った背景には、たかの友梨の存在が大きく影響しているようだ。たかのは「シンデレラ大会」で、スペインにいる沢尻に帰国を何度も促したことを語っている。さらに裏では「帰国しないと、CM契約を継続しない」などと、金に物を言わせて、沢尻と高城氏を別れさせようと躍起になっていたようだ。

 高城氏に近い関係者によると、沢尻は昨年10月末から、スペイン・バルセロナで同居を開始、復縁状態となり、今後も2人でやっていくことを確認したところだったという。


「ところが、今年の正月に2人は大喧嘩。原因は、たかの友梨のCM契約を継続するために帰国するべきか否かというもの。高城氏は『目先の契約にとらわれずに、本格的な女優活動していくためにまずは足下を固めるべき。日本に戻るのはまだ早い』と主張したようですが、沢尻は言うことを聞かず、喧嘩になってしまったんです。ただし、離婚云々などという話にまではなっていない」(高城氏に近い関係者)

 たかの側はこの時、23日に行われるシンデレラ大会に出なければ、CM契約は継続しないというプレッシャーを掛けてきたという。

「実は、1月6日に行われた新年会にも出席するように、たかの側は働きかけていたんですが、沢尻はこのときは高城氏に意に沿って出席をキャンセルしています。しかし、スペインにいる沢尻の日本人事務所スタッフが契約金欲しさなのか、『たかの友梨との契約を優先したほうがいい。シンデレラ大会には出ないとまずい』と彼女を強く説得し、帰国を決断。沢尻と高城氏が衝突することになった」(同)

 沢尻は、昨年暮れに自身が代表となり個人事務所をスペインに設立しているが、これもこの日本人スタッフが助言したことのようだ。

「このスタッフは、高城氏のマネジメントに対する影響力を弱めたかったのでしょう。高城氏は、そもそも沢尻のマネジメントにはさほど執着がなく、事務所設立については沢尻本人の好きにやらせるという方針だった。それに乗じて、寝首をかかれたようなものです」(同)

 帰国してからの沢尻は、たかのの意のままに動いているような印象だった。当サイトでも既報の通り(参照記事1)、沢尻のエステ通いの模様を取材させたり、シンデレラ大会に注目が集まるように、自宅前に張り付いた記者たちに高城氏との関係を問われても、「23日のイベントで報告します」と、沢尻に言わせたり。結果、たかの友梨のイベントは、マスコミの大注目を浴びることになった。

「しかも、目立ちたがりのたかのは、『シンデレラ大会』で沢尻の後見人ぶってましたね。『帰国しなければダメ』『スペインにいては、あなたの運命は変わってしまう』などと沢尻を説得して、高城氏の元から沢尻を連れ戻したのは自分だとアピールするかのような厚顔ぶりでした。夫婦間の問題に、スポンサーの立場を利用してクビを突っ込むなんて、悪趣味な女性という印象を受けましたよ」(スポーツ紙記者)

 たかのに説得された沢尻は、高城氏と喧嘩中という精神状態も相まって、「離婚合意」などという”嘘”を口に出してしまったのだろう。昨年春の離婚騒動の際にも報じられた通り(参照記事2)、沢尻が日本の芸能界で活動していくためには、高城氏と離婚しなければ道は開けない。沢尻は、たかのをはじめ、沢尻を利用したい大人たちにすっかり”洗脳”されて、離婚をした上で、日本での芸能活動を再開させたいと、またしても変節したのかもしれない。

 こうした沢尻の言動に対して、「話がコロコロ変わるので、もう面倒見切れません」と、高城氏もさすがにさじを投げ出したようなコメントを出しているが、ある業界関係者も「これだけ周囲を振り回す沢尻を、本気でマネジメントしたいと思う芸能プロはありませんよ。日本で芸能活動を再開させても、すぐにトラブルを起こして干されるんじゃないですか?」と呆れる。

 各所から「またか」のため息が漏れ始めた、沢尻エリカの一人舞台”第二幕”。観客は、最後までお付き合いしてくれるだろうか。

運が悪くってよかった!―たかの友梨自伝

ポジティブ~!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
直撃VTRもやらせ?『Mr.サンデー』宮根誠司 沢尻エリカの”スポークスマン”に堕す
醜い争い!? 沢尻エリカをめぐる夫・高城剛とエイベックス松浦勝人社長の場外バトル
高城氏と復縁の噂もある沢尻エリカ 依然エイベックスに連絡ナシ……

最終更新:2011/01/26 09:50
こんな記事も読まれています

高城氏は呆然、たかの友梨はニンマリ? 沢尻エリカのご乱心再びのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真