日刊サイゾー トップ > 芸能  > 解雇騒動の平野綾がブログで公式コメントを発表 やっぱり円満退社ではない!?

解雇騒動の平野綾がブログで公式コメントを発表 やっぱり円満退社ではない!?

hiranoblg_0812.jpg平野綾ブログ「AYADAMA」

 所属事務所を辞めることが明らかになった人気声優の平野綾がブログを更新し、「公式コメント」を発表した。

 12日付のブログ「AYADAMA」で平野は、「今からお話致しますことは紛れも無い真実であり、このコメントを公式な発表とさせていただきたいと思います」と前置きしたうえで、所属事務所のスペースクラフトを退社することを認め、その経緯を説明した。

 平野は退社の理由として「方向性が一致しないこと」を挙げ、その具体的な内容として「昨年の3月のブログを見ていただければ多少なりとも分かっていただける」と記述している。

「昨年3月といえば、平野が入院していた時期です。ブログでも本人が『気持ちがやられました。今はそうとしか言えません』などと告白しています。この説明は、単に”方向性が一致しない”というだけでなく、平野が身体を壊すほど追い込まれていたという主張ですよね」(アニメライター)

 また、退社とファンクラブの閉鎖を発表する経緯についても、「ファンクラブである平野塾を閉じることは私からファンの方に書面で直接言わせてくださいと事務所にお願いしており了承をいただいていたのですが、昨日、すでに事前に通知されていたことを知り、とてもショックを受けました」と、事務所側と行き違いがあったことを明かしている。

「事務所側は報道に対し、平野の退社について『事実だがコメントすることはない』などとするなど、異例ともいえる冷淡な対応を取っています。一方の平野も、『次の事務所には愛のあるスタッフがいる』など、ブログの端々にスペースクラフトへの批判と皮肉を込めた文章をつづっている。平野自身、今回のブログで昨年秋から自ら移籍を画策していたことを認めた形になりましたが、結局話し合いは円満に終わらなかったようですね。『BUBKA』の”ニャンニャン写真”については双方ノーコメントのようですが、この写真の流出元についてもまったく明らかにされないまま、さまざまな憶測を呼んでいます。事務所の縛りが緩むことで、今後さらに大きなスキャンダルが飛び出す可能性も否定できませんよ」(同)

 ブログを「つーか、これからっしょ」と前向きなコメントで締めた平野。まずは今後の活躍を見守りたいところだが……。

●平野綾ブログ「AYADAMA」
http://ameblo.jp/hirano–aya/

平野綾公式写真集「Aya FILE.2 -All Off Shot Album-」

天使す天使。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 20:08
関連キーワード

解雇騒動の平野綾がブログで公式コメントを発表 やっぱり円満退社ではない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真