日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「がめつさは相変わらずでも……」稼ぎまくる”元祖ハイレグ女王”岡本夏生

「がめつさは相変わらずでも……」稼ぎまくる”元祖ハイレグ女王”岡本夏生

o_natsuki.jpg岡本夏生公式ブログより

 バブルが弾けるのと同時に芸能界から姿を消し、昨年奇跡のカムバックを果たした”元祖ハイレグ女王”岡本夏生が、ここぞとばかりに稼ぎまくっている。

 金にがめつすぎる性格ゆえに長らく干されていたが、昨年大ブレーク。いまやバラエティ番組や各種イベントに引っ張りダコで、超多忙な生活を送っているという。

「金にがめついのは相変わらず。むしろパワーアップしているほどですよ。ただ、それを補って余りあるほどの”濃さ”が彼女にはある。のんきに与えられた仕事をこなす今時のグラドルと違って、自分からどんどん企画も提案する。本物のプロですね」(テレビ関係者)

 マネジメントは自ら行っており、仕事のオファーも自ら受ける。ただ、その際もアクの強さは随所にみられるようで「自宅兼事務所に電話をかけると、そのまま岡本さんの携帯電話に転送される。呼び出し音が鳴った瞬間『岡本です』と出てくれるのはいいんですが、そのあと『私には1分1秒が大事なの。用件は手短にね』とまくし立て、トロい相手だと『あとで用件をメールで送って』と自分の携帯アドレスを一方的に教えて、ガチャ切り(笑)。とにかくせっかちですね」という。

 さらに担当者には、用件と一緒に”あるモノ”を必ず提示させるという。

「相手の顔写真ですよ。てっきり、若い男性であることを期待しているのかなぁとも思いましたが、違うんです。『顔をさらさない人間は信用できない』というポリシーを持っているようです。芸能界を干された時、多くの人に裏切られたトラウマかもしれませんね」(出版関係者)

 歯に衣を着せぬ発言で、もはや「女を捨てている」といっても過言ではない岡本だが、その裏には悲しい過去も見え隠れする!?

ギディ―岡本夏生写真集

ワァオ!!!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 17:21
こんな記事も読まれています

「がめつさは相変わらずでも……」稼ぎまくる”元祖ハイレグ女王”岡本夏生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真