日刊サイゾー トップ > 芸能  > ドリカム吉田、好感度が急降下

「結婚が逆効果だった!?」ドリカム吉田美和の“好感度ランキング”が急降下中!

miwayoshida_.jpg『beauty and harmony 2 -新装盤-』
(NAYUTAWAVE RECORDS)

 長らく好感度アーティストとして盤石なポジションを築いてきた「DREAMS COME TRUE」のボーカル・吉田美和に異変が起きているという。

「タレント好感度ランキングでは常に上位だった彼女ですが、このところ、その人気に陰りが見え始めているんです。それは定期的に行っている一般人へのモニタリング調査でも明らか」とは大手広告代理店関係者。しかも原因が「結婚」というから、驚きだ。

 吉田は3月に19歳年下のロックバンド「FUZZY CONTROL(ファジー・コントロール)」のJUONと結婚。おめでたいニュースではあるが、某女性リポーターいわく「申し訳ないけど、吉田さんは“不幸な女”のイメージが強く、それが女性の共感を呼んでいた。2007年9月には事実婚状態だった映像ディレクターの末田健さんが胚細胞腫瘍で他界。そうした“影”を人知れず背負い込んでいたところに、吉田さんの魅力があった」。

 要は「幸せな吉田美和は見たくない」というファンの勝手な理由なのだが、それこそが人間の深層心理を表しているともいえよう。

 今月15日に行われた自動車メーカーの新プロジェクトでは、新曲「想像を超える明日へ」(ユニバーサル・シグマ)を披露。その際、吉田は左手薬指に指輪を光らせ、バンドメンバーの紹介では、自ら「JUON!」と夫の名前をシャウトした。

「新曲のPVにもダンナの姿が映っている。本人にしてみれば他意はないと思いますが、女性の間では『若い夫をゲットして浮かれている』と判断する人もいます。歌詞にも、夫との“運命的な出会い”を連想させるワードが盛り込まれていますしね」(音楽関係者)

 “人の不幸は蜜の味”とはよく言うが、新婚の吉田は「こんなはずでは……」と思っているに違いない。

最終更新:2012/05/24 10:00
関連キーワード

「結婚が逆効果だった!?」ドリカム吉田美和の“好感度ランキング”が急降下中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

長らく好感度アーティストとして盤石なポジションを築いてきた「DREAMS COME TR...
写真