日刊サイゾー トップ > 芸能  > ブチ切れ市原隼人は器が小さい?

自身の“熱血”モノマネにブチ切れた市原隼人に、周囲は「本物はもっとヒドイ……」の声

ichiharahayato0410.jpg市原隼人オフィシャルブログより

 俳優の市原隼人がモノマネ芸人・花香よしあきのモノマネに激怒した一件が、波紋を広げている。

 市原は先月20日、自身の公式ブログで花香のモノマネについて「お会いしちゃんと話もしていないのに 芝居の撮影現場に足を運んでいただいた事もないのに どんな気持ちで現場に立ち、どんな気持ちで役者に向き合っているのか、理解できていないとしか思えませんでした…何よりも俺何時もあんな感じではないですよ(笑)」と綴り、一旦は「否定しているわけではなく、僕自身応援させて頂いているのですが、失礼な言い方で申し訳ありません」と言葉を和らげたが、最後は怒りが込み上げてきたのか「何を伝えたいか分からず、役者を馬鹿にしてなめてるとしか思えない」とクギを刺した。


 確かに、見ようによっては、花香演じる超ハイテンションな市原は単なる「熱血バカ」にも見えてしまう。市原が怒るのも無理もないが、一部の芸能プロ関係者からは「あのモノマネはまだかわいい方。実際の彼はもっとヒドイ」という声も……。

「花香のモノマネほどではないけど、市原さんが熱血なのは紛れもない事実。ただ、それ以上に彼は狂気をはらんでいるんですよね(笑)。NGを出した時なんか、自分で自分を叱責して『アーー! クソ!』と絶叫して、セットに蹴りを入れて一部を破壊したこともある。後処理が大変でしたよ」(某芸能プロマネジャー)

 別の現場でも、こんなことがあった。

「雑誌のインタビューで写真撮影をお願いした時、何度もポージングを取らされたことに機嫌を損ね、カメラマンに食ってかかったんです。その時カメラマンが『上司から言われたんで……』と返したところ、彼は『おまえは上のモンがやれと言ったらやるのか! それがおまえの人生なのか!』と熱弁を振るい始めたんです。説教は、その後も延々続きました」(事情通)

 現在、ネット上では、花香よりも市原に対して「器が小さい」と批判の声が集中している。笑いになっているうちが“華”だったようだ。

最終更新:2013/04/11 10:00

自身の“熱血”モノマネにブチ切れた市原隼人に、周囲は「本物はもっとヒドイ……」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

俳優の市原隼人がモノマネ芸人・花香よしあきのモノマネに激怒した一件が、波紋を広げている。...
写真