日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > ももクロ斬新衣装“パクリ”疑惑

「斬新!」のはずが、丸パクリ……? ももクロ『5TH DIMENSION』衣装に深まる疑惑

gqraehgql.jpg左が“ネタ元”とされている作品。右がももクロ。

 “ももクロ”こと、アイドルグループ・ももいろクローバーZの2ndアルバム『5TH DIMENSION』(キングレコード)に採用されている衣装が、海外若手デザイナーの作品と酷似しているとネット上で話題になっている。

「今回のももクロの衣装は、一言で言えば“斬新”そのもの。鋲が打たれた“ドリアンマスク”は、これまでの元気で健気なイメージからアーティスティックな方向に舵を切ったグループの象徴として捉えられていた。今回の衣装デザインは単なる服飾ではなく、アイドルとしての新たなビジュアルイメージの根本。そのアイディアが“パクリ”だったとしたら、ももクロは大きなものを失うことになる」(アイドルに詳しい雑誌記者)

 今回の“パクリ”疑惑のネタ元とされているのは、ウクライナ出身、米在住のElena Slivnyakというデザイナーによる「IIMUAHII Couture」というブランド。一見して、その類似点は明らかだ。

 騒動の後、同アルバムに「ビューティーディレクション」という肩書でクレジットされている柘植伊佐夫氏は自らのサイトで“ドリアンマスク”について、コンセプト作りや衣装については担当外であることを明言。またMVを担当した黒田秀樹監督も過去のインタビュー記事で、依頼が来た時にはすでに構想が決まっており、「スタイリスト」とクレジットされている細見佳代氏がコンセプト作りの段階から参加していたと語っている。

「騒動に拍車をかけたのが、ある海外のウェブサイトです。『Pinterest』という写真共有サイトなのですが、そのサイトで『Kayo Hosomi – Stylist』というアカウントの人物が“元ネタ”とされるElena Slivnyakの作品を共有していたんですが、疑惑が取り沙汰されるようになった29日以降のタイミングでその共有を外しているんです。この人物が細見氏本人だとすれば、この作品をもともと知っていたという証拠を隠滅したと取られても仕方ない状況です」(芸能ライター)

 “モノノフ”と呼ばれる多くの熱狂的ファンを抱え、今夏には日産スタジアムでの大規模コンサートも控えているももクロ。騒動に対する運営からの正式なコメントは、まだ発表されていない。

最終更新:2013/04/30 17:03
こんな記事も読まれています

「斬新!」のはずが、丸パクリ……? ももクロ『5TH DIMENSION』衣装に深まる疑惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“ももクロ”こと、アイドルグループ・ももいろクローバーZの2ndアルバム『5TH DIM...
写真