日刊サイゾー トップ > 社会  > 『黒バス』脅迫で大阪イベ見合せ

「通常の警備指導をしただけ」COMIC CITY 大阪94『黒子のバスケ』を中止に追い込んだ所轄警察署が回答

rkfljqhgwrgtolirjeg.jpg

 8日、同人誌即売会 COMIC CITYを運営する赤ブーブー通信社は、5月12日に開催予定だった「COMIC CITY 大阪94」で、インテックス大阪と住之江警察署との協議の結果、『黒子のバスケ』スペースのサークル参加見合わせを決定したことを発表した。昨年来、各種のイベントが中止に追い込まれた『黒子のバスケ』脅迫事件。この間、東京ビッグサイトが警備を強化した上での開催を容認するなど、正常化に向かう流れの中で水を差した格好だ。

 発表によれば、今回の決定を余儀なくされた理由は、7日の住之江署での協議の際に求められた警備指導内容のいくつかに、実施に際し現実にはかなり厳しい内容があったというもの。また「住之江警察署の現時点の基本見解として、他会場とは大きく異なり「“事件完全解決”まで、通常開催には 広域かつ厳重な警備実施が必要というご指導」もあったという。

 赤ブーブー通信社の発表では、今回の開催に際して全サークル・一般来場者への手荷物確認をはじめ、『黒子のバスケ』のエリアを別のホールへ「隔離」する措置も行われていた。にもかかわらず、住之江警察署は更なる警備を求めたのである。

 いったい、住之江警察署はどのような警備を求めたのか。同署に問い合わせたところ担当者は説明を拒んだ。

「取材であっても、電話ではあなたが何者かわからないので話せません。また、あなたがこちらに出向いても話すとは限りません。(会場に)イベント実施の届け出があって、会場の担当者と一緒に来たならお話しします」

と、同署警備課の担当者。それでも説明を求めたところ、

「今までやってきた通りの指導しかしていません。通常の警備指導を行った上で、向こう(主催者)が判断したものです」

と、あくまで通常の通りの対応だったと主張する。

 さらに、東京ビッグサイトなどでは同等の警備体制で開催を行っていることに対しては、「地域によっての判断がある」とも。担当者の対応からは「面倒ごとは避けたい」という雰囲気が漂う。もはや「脅迫に屈する」どころの騒ぎではない。こうした対応が、悪しき前例とならないことを祈るばかりだ。

 なお、他地域で開催予定の即売会での『黒子のバスケ』申込みは、平常通り続けられている。
(取材・文=昼間 たかし)

●大阪94一部参加見合わせのお願い
<http://www.akaboo.jp/event/0512osaka94_notice.html>

最終更新:2013/05/08 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed