日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 不倫報道の矢口の「肉食ぶり」

「また食っちゃったか……」不倫報道の矢口真里の“イケメン食い”はいつものクセ!?

yaguchi0520.jpg中村昌也オフィシャルブログ「俺からみた風景」より

 3月末から別居していると報じられたタレントの矢口真里(30)と、夫で俳優の中村昌也(27)。当初、早く子どもの欲しい中村と、子作りよりも仕事を優先したい矢口との間で大げんかとなったことがきっかけだと言われていたが、“原因は別にある”と21日発売の「週刊女性」(6月4日号/主婦と生活社)が報じている。

 記事によると、2月22日に複数人の男女を集めた飲み会に参加した矢口が、ファッション誌専属モデルを務める25歳の男性を自宅マンションに“お持ち帰り”。翌朝、ドラマの地方ロケから予定より早く帰宅した中村が、寝室の2人と鉢合わせしてしまい、ショックのあまり中村が家を飛び出したという。

 不倫がバレてからの矢口は、友人の小森純や、モー娘。OGたちに「彼に見つかっちゃったんだよ……どうしよう」などと相談。さらに不倫相手の男性も相当焦っており、毎日更新していた彼のTwitterは、2月22日の「あーした天気になぁーぁれ♪」というツイートを最後に更新がストップしているのだとか。

 独身時代は、俳優の小栗旬や川久保拓司、元ジャニーズJr.の魚谷輝明など数々のイケメンとの交際が報じられた矢口。いくらイケメン好きだとはいえ、亭主の居ぬ間にこれほど軽率な行動を取るとは、にわかに信じがたいのだが……。

「矢口さんは昔から大勢で飲むのが大好きで、女性タレントや、若手イケメン俳優などを集めて夜な夜な飲み会を開いていました。酔っ払った矢口さんは、お気に入りのイケメンを見つけると、大声で『超カッコ良い!』『おしゃれ!』などと連発したり、過剰に体を寄せたりと、すぐに距離を縮めようとするところがあって、仲間うちでも“肉食系”として有名だったみたいですよ。結婚後にやったのはマズいと思いますが、酒の席の彼女を知る人からしたら、『いつものクセか』くらいにしか思ってないのでは?」(矢口を知る男性)

 19日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、夫婦生活を面白おかしく語っていた中村。報道が真実だとしたら、この収録も“現場”発見後である可能性が高いだけに、彼のプロ根性に頭が下がるばかりだ。

最終更新:2013/05/23 11:52
こんな記事も読まれています

「また食っちゃったか……」不倫報道の矢口真里の“イケメン食い”はいつものクセ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

3月末から別居していると報じられたタレントの矢口真里(30)と、夫で俳優の中村昌也(27...
写真