日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ガリレオで急に静かになった吉高

「吉高が急に静かになっちゃった!」福山雅治主演『ガリレオ』大台回復も“キャラ変更”に戸惑う声

garireo0416.jpgフジテレビ『ガリレオ』公式サイトより

 福山雅治主演ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)が、20日放送の第6話で平均視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、大台まで回復した。

 初回から“20%超え”の連続記録を更新していたが、第5話で17.9%まで下落し記録がストップ。高い視聴率に反し、「トリックがつまらない」「吉高がうるさくて不快」などといった酷評が多く今後が心配されていたが、数字はなんとか持ちこたえたようだ。

 第6話では、新米刑事・岸谷美砂(吉高由里子)が参加した山歩きイベントで起きた殺人事件をめぐり、同作では珍しく岸谷と湯川学(福山)が協力し合い事件を解決。ゲストの夏川結衣演じる科学者が、窓の鍵部分にホログラム(立体画像を記録したフィルム)を貼り、密室に見せかけるというトリックであった。

 この放送後、“明らかな変化”を訴えるドラマウォッチャーらが続出した。これまで常にイライラしながら、大きな声で湯川に嫌味ばかり言っていた岸谷が、静かになってしまったというのだ。

 これまで「いい加減、静かにしてほしい」と訴えていた視聴者も、急激な変化にはどうやら戸惑いを隠せないよう。脚本家は変わっていないのに、登場人物の性格が変わってしまうことはあるのだろうか?

「吉高さんが静かになったのは、誰が見ても明らか。おそらく制作サイドが視聴者の意見を受け入れたか、もしくは、あまりにも吉高さんへの非難が集中したため、女優としてのイメージダウンを恐れた所属事務所が動いたのでしょう。とはいえ、放送中にキャラが変わるのは異例のケース。それだけこの役の評判が悪いということでしょうね」(テレビ誌ライター)

 これまでも2009年のNHK大河ドラマ『天地人』で、長澤まさみが演じたキャラクターが、真田幸村の“妹”から“姉”に変更された例などがある。しかし、前出のテレビ誌ライターは、「ストーリーに関係なく設定が変わることは、視聴者を混乱させてしまうため、基本的には行わないのがルール」と話す。

 さらに第6話では、これまでいがみ合ってばかりだった湯川と岸谷が、急に“男女”の関係を匂わすようなシーンも。これにはさすがに視聴者も違和感を覚えたようで、「あの色気づいたシーンは何?」「急にどうしたの?」などと戸惑いを見せた。

 吉高が急に大人しくなったことが、制作サイドの意図的なものか否かは定かでないが、この変化が視聴者を戸惑わせるだけでなく、評判の改善へつながればよいが。

最終更新:2013/05/21 15:00

「吉高が急に静かになっちゃった!」福山雅治主演『ガリレオ』大台回復も“キャラ変更”に戸惑う声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

NHKドラマ抜擢の小川未祐

福山雅治主演ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)が、20日放送の第6話で平均視聴率20.4...
写真