日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 小野恵令奈に【完全に風俗】の声

「男性ファンと抱きしめ合って、キス寸前!」元AKB48小野恵令奈のチェキ会に“完全に風俗”の声

ono-0624.jpgおの えれなlespros_erepyon) on Twitterより

 昨年末に日本レコード大賞 新人賞を受賞した元AKB48・小野恵令奈のチェキ会に、「やり過ぎ」の声が上がっている。

 6月19日に1stアルバム『ERENA』(ワーナーミュージック・ジャパン)を発売した彼女は今月、全国各地でリリースイベントを開催。ミニライブの後は、CD購入者を対象に、アイドルの定番である握手会やツーショット写真を撮る“チェキ会”が行われた。

 ネット上には、チェキ会で撮った写真がファンによって多数アップされているが、男性ファンと小野が抱き合い、キス寸前まで顔を近づけ合っているものや、小野がファンの背後から抱きつき、頬にキスをしているように見えるものなど、まるで恋人同士のラブラブ写真のようだ。

 これに多くのファンが喜んでいる一方で、密着度の高さや過激さから、「完全に風俗」「風営法違反スレスレ」などの声が上がっている。

「ここまで密着度の高いアイドルは、無名の地下アイドルでさえ、そうそういませんね。現在、多くのアイドルがツーショット撮影会を行っていますが、基本的にお触りはNG。撮影中に近づき過ぎたり、無理なお願いをすると、その場で運営スタッフに注意され、出禁になることもあります。えれぴょん(小野)の場合はそのルールが曖昧で、ファンのモラルに任されているところがあるようですね。

 彼女が所属するのは、新垣結衣や能年玲奈も所属する大手事務所。調子に乗って、胸やお尻を触るファンが出て問題になる前に、事務所側が止めるべきだと思うのですが……」(アイドル事情に詳しいライター)

 今回の騒動について、小野自身はTwitterで「ええやん なにしたって。愛を持って会いに来てくれてるみんなに愛を持って接する、当たり前やろ」(原文ママ)などと反論。どうやら、進んでファンと密着しているようだ。

 AKB48時代は「会いに行けるアイドル」だった小野も、ソロになって「近過ぎるアイドル」に生まれ変わったということだろうか?

最終更新:2018/12/10 19:37
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed