日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嫌われ芹那の仕事が減らないワケ

「往年のさとう玉緒よりひどい!?」でも……“嫌われキャラ”こそ、芹那の生きる道なのか

serina4232.jpg

「テレビやCM、イベントに引っ張りダコですが、本当に嫌われていますねぇ」

 そう苦笑しながら語るのは、中堅代理店の男性社員だ。その人物とは先日、「フライデー」(講談社)で、Tバック写真を撮られた芹那だ。最近では、南海キャンディーズの“山ちゃん”こと山里亮太がラジオ番組で「正直、苦手」とカミングアウトし、それをネタに謝罪会見まで開いた。

「山ちゃんも言っていましたが、芸人をダシにして仕事を取るタイプ。かわいい顔して“腹黒さ”がにじみ出ているんですよね(笑)。これは男性より女性の反感を買っているようで『彼女が出たらチャンネルを変える』なんていう子も多いですよ」(スポーツ紙記者)

 今月9日に放送された『解決!ナイナイアンサー 2時間ちょっとSP』(日本テレビ系)では、司会のナインティナイン・岡村隆史が芹那の恋愛観にダメ出しするひと幕もあった。

 番組では「浮気されない本命女になる方法」と題して、芹那がテクニックを披露。浮気されないための対策として『相手が元カノと別れた理由を事前に聞いておく』と返答。しかし、自分は同じことを聞かれないように『過去の恋愛の話や、それをにおわすことは一切しない』と明かした。さらに相手と別れる理由は常に「次に好きな人ができるから」と語ると、岡村は「女モンスター」「新しい病気ちゃうか?」と、感情をあらわにしながら突っ込んだ。

 お笑い関係者は「岡村さんも、後輩芸人が芹那さんのエジキになっていることを知っていますからね。何より、彼は純粋な女性がタイプ。男を手のひらで転がすような女性が大嫌いなんだとか。ネタにしていましたが、内心は『なんやこの女!』といったところでしょう」と代弁する。

 ネット上でも芹那の発言に対して「性格が悪すぎる」「往年のさとう珠緒よりひどい」という声が噴出していた。

 とはいえ、それが芹那の存在価値でもある。芸能プロ関係者は「全員が“いい子ちゃん”では成立しないのが芸能界。あえて憎まれ役を買うことで、芹那は光り輝いている」と話す。

「嫌われているのに仕事が減らない」という“芹那現象”は、まだまだ続きそうだ。

最終更新:2013/07/15 08:00

「往年のさとう玉緒よりひどい!?」でも……“嫌われキャラ”こそ、芹那の生きる道なのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

「テレビやCM、イベントに引っ張りダコですが、本当に嫌われていますねぇ」 そう苦笑しなが...
写真