日刊サイゾー トップ > 芸能  > 能年次回作は知名度2割未満

『ガッチャマン』の再来か……能年玲奈主演“知名度2割未満”『ホットロード』に早くも心配の声

nonen1029.jpg『NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版』(NHK出版)

 能年玲奈の次回作に、不安の声が広がっている。

 NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』で大人気の能年が、次回は映画『ホットロード』(来年夏公開予定)で主演を務めることになったが、原作は27年も前の「別冊マーガレット」連載の少女漫画で、現在では廃れた暴走族の話。能年は家庭で孤立し、暴走族のリーダーに心を惹かれていく14歳の少女を演じ、金髪にして万引で補導されたりする非行を演じるのだが「今の価値観と、まったく合わない」という不安の声が関係者からも上がっている。

「これは原作者の紡木たくさん自ら脚本を監修したものですが、能年に見惚れて実写化を決意したそうです。おそらく『あまちゃん』のアキとは180度違うキャラクターが話題になると思ったんでしょうが、舞台設定が古すぎて、見る側がついてこられないのでは」(広告代理店関係者)

 原作は86年から「別冊マーガレット」に連載、単行本は全4巻で700万部が発行された人気作だが、そもそも暴走族は80年代前半がピークで、田舎の無垢な少女が不良文化に憧れたブームは遠い過去のものだ。映画ライターも「80年代のアニメや漫画の映画化は、大半は成功できていない」と話す。

「8月に公開された『ガッチャマン』も興行的に大失敗したばかりで、『ひみつのアッコちゃん』などもヒットしなかった。おそらく、能年さんの所属事務所はあまりに『あまちゃん』のイメージがこびりついてしまうことを心配して、早々に一変した役で今後の仕事の幅を広げたいという戦略があるのでしょうが、もし興行的に失敗したら、能年人気は『あまちゃん』に頼ったものという印象がつくのでは」(同)

 あるマーケティング調査では、20代で『ホットロード』を「知っている」と答えた人は2割に届かなかったという。同映画の関係者に、そこのあたりを聞いてみた。

「それは逆の発想です。むしろ原作の内容を知らない世代が多いからこそ、映画化の話にゴーサインが出ました。山下智久さんが主演した『あしたのジョー』も、映画館に足を運んだのは、原作漫画をリアルタイムで知らない若い世代だったんですよ」(映画製作関係者)

 配給の松竹は見込み動員数について「まだ公開日も決まっていないもので、詳細を発表する段階ではない」と答えなかったが、この成績こそ、能年の売り出し方にも関わってくるだけに目は離せない。監督は『ソラニン』『僕等がいた』の三木孝浩氏。11月にクランクインし、来年4月に完成、夏の公開を予定している。共演者は今後発表していくという。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2013/10/29 10:46

『ガッチャマン』の再来か……能年玲奈主演“知名度2割未満”『ホットロード』に早くも心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

能年玲奈の次回作に、不安の声が広がっている。 NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』で大人気...
写真