日刊サイゾー トップ > 芸能  > 加藤晴彦の挨拶回りが鬼!
元「名古屋の女性が選ぶ抱かれたい男No.1」の現在

「まるで若手芸人……」在京キー局から姿を消した加藤晴彦の“挨拶回り”が激しすぎる!?

haruhikokato.jpg加藤晴彦オフィシャルサイトより

 ある時期を境に、ほとんどテレビで見ることのなくなったタレントというのは、星の数ほどいる。加藤晴彦もそのひとりだ。


「加藤さんといえば、俳優としてドラマや映画にも主演していましたし、その後はバラエティ番組の常連で、レギュラー番組も多数ありました。司会もできるので重宝されていたのですが、最近は地元の名古屋に軸足を移したのか、東京の番組で見ることはほとんどないですね」(芸能事務所関係者)

 そんな加藤と最近、出演者の多いバラエティ番組の収録で仕事をしたスタッフによると、加藤が若手芸人のような行動を取っていて驚いたという。

「普通、加藤さんくらいの知名度になると、楽屋に挨拶に行くのは司会者や自分より芸歴が上の人、親しい人たちだと思うんですけど、誰かれ構わず片っ端から回っていましたね。スタジオに着いたときには肩で息をしていたので、『どうしたの?』って聞いたら、『全員の楽屋を走って挨拶回りしてたんです』って。『どこで誰とどんな仕事をするか分からないでしょう?』と、力説していましたよ。必死な様子だったので、“切羽詰ってるんだな”と、スタッフ間でウワサになっていました(苦笑)」(同)

 最近の加藤のレギュラー番組といえば、地元・名古屋での『SPORTS STADIUM FINE』(中京テレビ)のみ。以前の多忙っぷりからは考えられない現状だけに、挨拶回りの成果が出るとよいのだが――。

最終更新:2014/01/13 08:00

「まるで若手芸人……」在京キー局から姿を消した加藤晴彦の“挨拶回り”が激しすぎる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

ある時期を境に、ほとんどテレビで見ることのなくなったタレントというのは、星の数ほどいる。...
写真