日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 本田圭佑は“持ってる”?

「中田ヒデに比べると……」ついにデビューを飾ったACミラン・本田圭佑は“持っている”か?

fwrhqjfgkhwe0114.jpg

 ACミラン(イタリア)へ移籍したサッカー日本代表MF本田圭佑が日本時間の13日、セリエA第19節のサッスオーロ戦で初出場を果たした。本田にとって加入後初の公式戦だったこの試合、ベンチスタートだったが、後半20分に先発のFWロビーニョと交代でピッチに立つ。試合は3-4と敗れたものの、試合終了までプレーした本田はポスト直撃のミドルシュートを放ち、セットプレーのキッカーも担当するなど、一定の存在感を見せた。


「公式戦初出場としては、まずまずのプレーぶりだったのではないでしょうか。ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督も試合後の会見で、チームにもっとなじむ必要はあるがいいパフォーマンスだったと、合格点を与えていましたからね。ただ、だからといって鮮烈な印象を与えたわけではない。やはりゴールを決めてほしかった。中田英寿はセリエA初試合で2ゴール決めましたからね」(サッカーライター)

 1998年に、弱冠21歳の若さでペルージャに移籍した中田はシーズン開幕戦で、ユヴェントスを相手に2ゴールを決め、センセーショナルなデビューを飾った。初試合にもかかわらず、この活躍で中田はチームを掌握し、ピッチ内外でペルージャの“王様”として振る舞ったものだった。

「ヒデが在籍していたペルージャはプロヴィンチア(地方の弱小チーム)にすぎないにもかかわらず、名門クラブのユヴェントス相手に2ゴールでしたからね。いってみれば、“ジャイアントキリング”ですよ。本田の言葉を借りれば、ヒデは“持っていた”ということでしょう。一方、本田の移籍したミランは凋落著しいとはいえ、腐ってもビッグクラブ。対するサッスオーロは、今季セリエAに昇格したばかりの小クラブですからね。そう考えると、物足りないと言えなくもない。それにしても、サッスオーロにも負けてしまうとは、ミランのチーム状態は悪すぎますね。本田が、チームの不調に引きずられなければいいのですが」(同)

 まずまずのデビューを飾った本田だが、チームの苦境を救う救世主となり得るのか? “持っている”男の本領発揮に期待したいところだ。

最終更新:2014/01/14 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真