日刊サイゾー トップ > 芸能  > ボーイ・ジョージの華麗なる復活

ゲイ監禁、ドラッグ摘発、中年太り……“80年代のポップアイコン”ボーイ・ジョージの華麗なる復活

51731khmVOL.jpg「This Is What I Do」

 1980年代に一世を風靡した英ポップグループ、カルチャー・クラブのボーカルだったボーイ・ジョージが、16年ぶりに新作「ディス・イズ・ホワット・アイ・ドゥ」を発表した。欧米ではひと足早く昨年末に音源が発売されたのだが、「20世紀のポップアイコンが、ついに魔法を取り戻した!」(ザ・テレグラフ)、「今年最高のカムバック作品」(ザ・ガーディアン)、「こんなに楽しそうなジョージは何年ぶりだろう」(インディペンデント)などと、イギリスの各メディアはこの新作を大絶賛。


「もともと歌唱力に定評があったボーイ・ジョージでしたが、50歳をすぎて渋みのある歌声を聴かせてくれます。ソウル風の軽快なポップスが多かったカルチャー・クラブ時代とは打って変わって、今作ではしっとりと歌い上げる感じが特徴です。評判通り、16年間のブランクを感じさせない、非常に優れた作品だと思いますよ」(音楽ライター)

 82年にデビューしたカルチャー・クラブは、ボーイ・ジョージの奇抜なメイクと艶のあるハイトーンボイスという中性的な魅力で人気を博し、「君は完璧さ」「カーマは気まぐれ」「ポイズン・マインド」「ミス・ミー・ブラインド」など、大ヒットを連発。日本でもアイドル的な人気を集めた。しかし、86年にボーイ・ジョージがドラッグの不法所持で逮捕されると、バンドの活動は停滞。ソロ活動を経て、98年にカルチャー・クラブとして活動を再開し新作を発表するも、翌年には再びバンド活動を休止していた。

「99年以降は主にクラブDJやテレビのコメンテーターとして活動していましたが、それよりもトラブルメーカーとして世の中を騒がせることのほうが多かった。07年には、ゲイ専門の出会い系サイトを通じて知り合ったノルウェー人男性を自宅に監禁し虐待したとして、逮捕されたこともあります。当時、ドラッグやアルコールで身を持ち崩したことで、かつての美貌も失われ、だらしなく太った中年のオヤジになり果てたビジュアルに驚かされたものです(笑)。ところが今回、PVを見るとダイエットに成功したのか、かつての美貌を取り戻しています。それどころか、全盛期も少々ぽっちゃりめだったのが、現在はグッとスリムになって精悍な印象さえ受けます。といっても、ゲイっぽい雰囲気は相変わらずですが」(同)

 80年代の洋楽を象徴するアイコンでもあるボーイ・ジョージだが、華麗なる復活を遂げた今作は日本ではどのように評価されるのか、興味の尽きないところである。

最終更新:2017/01/10 13:21

ゲイ監禁、ドラッグ摘発、中年太り……“80年代のポップアイコン”ボーイ・ジョージの華麗なる復活のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

1980年代に一世を風靡した英ポップグループ、カルチャー・クラブのボーカルだったボーイ・...
写真