日刊サイゾー トップ > 芸能  > AKBは満島ひかりになれる?

“脱アイドル女優”のモデルケース!? AKB48の前田敦子、大島優子は満島ひかりになれるのか

mitsushimahikari_0309.jpg

「脱アイドルの女優化という意味では、彼女が一番成功しているんじゃないでしょうか。今でも映画にドラマに仕事のオファーはひっきりなしで、ほとんど休みがない状態のようです」(芸能事務所関係者)

 アイドルグループ「Folder5」の一員としてデビューした満島ひかり。2003年に同グループが活動を休止してからは、女優に転身した。

「彼女はもともと女優志向だったそうです。その中でも特に舞台の仕事が好きで、事務所にも優先順位は、舞台→映画→ドラマと伝えているそうです」(同)

 2010年には、主演を務めた映画『川の底からこんにちは』の監督・石井裕也と結婚したが、いわゆる普通の結婚生活はほとんど送れていないという。

「彼女も忙しいですけど、石井監督も相当多忙です。昨年監督した『舟を編む』が今年の日本アカデミー賞で6冠を獲得するなど、国内有数の売れっ子監督。先日も、戦前カナダに実在した日系人野球チーム“バンクーバー朝日軍”を題材にした映画『バンクーバーの朝日』の監督を務めることが発表されましたが、彼の元には数えきれないほどのオファーが来ているそうですよ」(映画関係者)

 夫婦そろって多忙な中でも、先日、満島が受賞した『第21回読売演劇大賞 杉村春子賞』は夫婦でお祝いしたそうだ。

「彼女は年間30本以上もの舞台を観劇するくらい、舞台好きなんです。大劇場から小劇場まで、隈なく足を運んでいるそうです。石井監督も、彼女の女優としてのそんな一面を評価していると思いますよ。まあ、夫婦の時間が取れなくなったら、周防正行監督と草刈民代さんのように、彼女を自分の映画で起用すればいいんですよ」(同)

 前田敦子や大島優子のように、アイドルからの女優転身が相次ぐ中、満島のようなポジションに行ける者は何人いるのだろうか?

最終更新:2014/03/10 12:00

“脱アイドル女優”のモデルケース!? AKB48の前田敦子、大島優子は満島ひかりになれるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

「脱アイドルの女優化という意味では、彼女が一番成功してるんじゃないでしょうか。今でも映画...
写真