日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 斎藤佑、今季引退・転職考えてた

2年ぶり勝利の“ハンカチ王子”日本ハム・斎藤佑樹、今季引退・転職も考えていた……

saito0801.jpg「オーナーズリーグ07 斎藤佑樹 日本ハムファイターズ」

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が7月31日、QVCマリンフィールドでの千葉ロッテ戦に先発登板。6回1失点で、2012年6月6日の対広島戦以来、約2年ぶりの白星をゲットした。


 “ハンカチ王子”として甲子園制覇、大学では日本一、プロ入団後もルーキー年に先発で6勝をマークするなど、絵に描いたような野球人生を歩んだ斎藤だったが、昨年の一軍登板はわずか1試合。

「その間に、日ハムでは大谷翔平という、これまた規格外の若手選手が入団。栗山英樹監督も“二刀流実現”に向けて動いており、当初は力を入れていた佑ちゃん育成も、優先順位が明らかに下がりました」(スポーツ紙プロ野球デスク)

 まさに背水の陣で臨んだ今年。2年ぶりのヒーローインタビューでは「これから僕の第二の野球人生が始まりますので、一緒に頑張っていきましょう!」とあいさつ。ファンの涙を誘った。

 高校時代から女性ウケ抜群の斎藤。「プロ入り後も、女子アナとの合コンは大好きだった」(テレビ局関係者)というが、本業で結果を出せない状況では、徐々に周囲も引いていった。故障や結果が出ない中での2軍暮らし。考えていたのは、やはり「転職」だったようだ。

「実は、斎藤が今オフにも引退するんじゃないかと、少し前までテレビ局関係者の間で話題だったんです。それもそのはず、斎藤はあらゆるメディアに知り合いがいる。そこで、もし引退するなら、キー局や大手広告代理店がこぞって“転職先”として名乗り出るという話があったんです。本人も、まったく知らない世界に行くよりは、野球界に近い場所で転職することに否定的ではなかったそう。場合によっては、日テレの上重聡アナのように“斎藤佑樹アナウンサー”が実現していたかもしれなかったんですよ」(同)

 斎藤がアナウンサー転身となれば、確かに知名度もあって話題性十分&人気者になりそう。だが、そんな周囲の雑音をかき消すかのような、本業にともる火を消さない1勝だった。

最終更新:2014/08/01 21:00

2年ぶり勝利の“ハンカチ王子”日本ハム・斎藤佑樹、今季引退・転職も考えていた……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が7月31日、QVCマリンフィールドで...
写真