日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋のモラハラを西川史子が擁護

西川史子「ジョージさんがかわいそう」と“モラハラ疑惑”擁護も、三船美佳に同情コメント殺到中

takahashi0121.JPGTHE 虎舞竜公式サイトより

 女医でタレントの西川史子が20日、PRイベントに出席し、一部で報じられた高橋ジョージのモラスハラスメント疑惑について「ジョージさんって、そういう人じゃない」と擁護した。

 かつて『サンデージャポン』(TBS系)で高橋と共演していた西川は、「ジョージさんがかわいそう。今、ジョージさんが悪い感じになってるので」と発言。さらに、高橋の人柄について「ジョージさんは、私の結婚式にも来てくださって、(夫婦生活が)ダメになってきている時も気付いてくださった繊細な方」と説明。「奥さまの気持ちにも繊細に気付く人なのに、なんでかな……」と、報道を理解できない様子だった。

 同日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したタレントの北斗晶も、同様に首を傾げた。北斗・佐々木健介一家は、過去に三船美佳・高橋一家と共に家族旅行へ出かけたり、1台の車で遠方の海へ遊びに行ったりと、家族ぐるみの付き合いをしており、「夫婦だからこそ、誰にも見せない部分は誰にでもある」とした上で、「(旅行時を)思い出すと、すごくいい夫婦だった。私たちが見てきた限りは、そういうふうには見えなかった」「大きく報道されているような感じにも受けない」と印象を語った。

 三船と高橋の離婚問題が発覚したのは、16日。この3日後、一部スポーツ紙が離婚理由を、高橋によるモラハラだと報道。モラハラとは、2人きりになった際に言葉や態度で相手を傷つける行為を指し、具体的には、自宅に高橋がいる時に三船が仕事以外で外出できない“外出禁止令”があったとされた。だが、これに対し高橋は、自身のTwitterで「スポーツ新聞にモラルハラスメントって書いてあったけど、流石にそりれはないな」(原文ママ)と否定している。


12
こんな記事も読まれています

西川史子「ジョージさんがかわいそう」と“モラハラ疑惑”擁護も、三船美佳に同情コメント殺到中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

女医でタレントの西川史子が20日、PRイベントに出席し、一部で報じられた高橋ジョージのモ...
写真