日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里、恩人逮捕で崖っぷち

「パチンコ営業くらいしか……」仕事激減の坂口杏里、雑誌「ジギー」元社長の“恩人”逮捕で崖っぷち

sakaguchi0513.JPG坂口杏里とオリベッティ容疑者(坂口のTwitterより)

 バイきんぐ・小峠英二との熱愛で注目を浴びたタレントの坂口杏里が、窮地に立たされている。

「小峠への求愛をネタに、一時はバラエティ番組やPRイベントに引っ張りだこだった坂口ですが、交際宣言以降は仕事が激減。PRイベントで見る機会もほぼなくなり、3月放送の深夜番組『大人のKISS英語』(フジテレビ系)を最後に、目立ったバラエティ出演もなし。最近の仕事といえば、自身がイメージキャラクターを務めるパチンコ店のイベント営業などが中心です」(坂口を知る芸能関係者)

 そんなピークアウト感漂う坂口だが、これに輪を掛けるように13日、坂口がレギュラーモデルを務める20代女性向けファッション誌「ジギー」の発行元である芸能プロダクション「センディング」の元社長・田代仁ことベレン・オリバー・オリベッティ容疑者が、児童福祉法違反(自己淫行など)容疑で逮捕されたことが発覚。オリベッティ容疑者は昨年9月、モデル志望の中学3年生の少女に「俺が売れさせてあげるよ」「モデルになるため、みんなしていること」などと言い性行為を強要したほか、多数の女性に数百万円の契約料を要求した疑いが持たれている。

 この影響で、今春から月刊化するはずだった「ジギー」は急きょ発売中止に。さらに、2日に坂口が出演予定だった「ジギー」関連のファッションイベントも、直前で「主催者の都合」を理由に開催中止が発表された。

「坂口は、長年憧れていたファッションモデルに起用してくれたオリベッティ容疑者を慕っていた。ただ、彼女はガリガリ体形ではあるものの、お騒がせキャラや、根強い整形疑惑のせいで女性からの支持はイマイチ。今回の逮捕により、モデルの道が断たれる可能性は高そう。また、坂口が最近、小峠ネタを以前ほど押し出さなくなったのは、モデルの道が決まっていたからでしょうから、余裕がなくなった今、芸能界で生き残るため、新たな“話題作り”をしかけるかもしれません」(芸能記者)

 「ジギー」に初登場した1月には、「ずっとやりたかったファッション雑誌に載せて頂けて感無量」とブログに喜びを綴っていた坂口。この崖っぷち状態から、この先、抜け出すことはできるだろうか?

最終更新:2015/06/08 12:49
こんな記事も読まれています

「パチンコ営業くらいしか……」仕事激減の坂口杏里、雑誌「ジギー」元社長の“恩人”逮捕で崖っぷちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

バイきんぐ・小峠英二との熱愛で注目を浴びたタレントの坂口杏里が、窮地に立たされている。「...
写真