日刊サイゾー トップ > 芸能  > “強欲おばさん”樫木裕実が……

“強欲おばさん”樫木裕実が、またスタジオ閉鎖「入会しても樫木本人のレッスン受けられない……」

kashikiyumi06s18.jpg『DVD付 樫木式カーヴィーダンスで部分やせ!』(学習研究社)

 カーヴィーダンスの生みの親であるトレーナーの樫木裕実。神田うのや浜崎あゆみなど、有名芸能人からの支持も厚く、また関連書籍も売れに売れたトレーナー界のカリスマ的存在だ。

 しかし、彼女の周りではトラブルが多いことも有名で、以前所属していたタレントのヒロミのジムでは「関連書籍などの印税をもらっていない」と、友人の神田うのが暴露。しかし、実際にはその事実はなく、神田がヒロミに謝罪する一幕もあった。

 ヒロミのジムを退職後、樫木は目黒にジムを立ち上げるも、1年後に閉鎖。経営不振による実質的オーナーとの金銭トラブルがささやかれた(その後、そのジムの跡地にヒロミが経営するジムがオープン)。

 その後は渋谷に再度ジムを立ち上げるも、またしてもこの6月で閉鎖という状況だ。6月16日発売の「女性自身」(光文社)によると、今回のジム閉鎖の原因はトレーナーとの金銭トラブル。樫木はトレーナーたちへのギャラの支払い方法を一方的に変え、自らの取り分が増えるかたちにした上、トレーナーから抗議を受けると一方的にジムの閉鎖を決めたのだという。

 今回の報道を受けて樫木は、「6月末でジムを閉鎖することは事実だが、スタッフとのギャラトラブル、クビにするなどという事実は一切ない」と公式サイトで否定。だが、樫木の“銭ゲバぶり”が以前から業界内でささやかれていたことは事実だ。

「彼女の場合個人レッスンが主で、それも芸能人とかアスリートなどのいわゆる有名人しか受けつけない。樫木目当てで入会してもレッスンを受けられることはまずない。一般の会員の中には“強欲おばさん”と呼ぶ方もいましたね」(芸能記者)

 また、閉鎖の際の一般会員への配慮のなさを指摘する声もある。

「前回の閉鎖騒動では一般会員への知らせはメールだけだったことで相当批判にさらされました。今回はメールと電話だったそうですが、それも突然のことで16万円もの月謝を払って樫木目当てに入会した会員が気の毒な状況です」(同)

 何度も閉鎖騒動を繰り返す状況からみて、彼女には経営者としての才能はなく、また多少はあった人望も失いつつある、といったところなのだろうか。

最終更新:2015/06/18 23:00

“強欲おばさん”樫木裕実が、またスタジオ閉鎖「入会しても樫木本人のレッスン受けられない……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

カーヴィーダンスの生みの親であるトレーナーの樫木裕実。神田うのや浜崎あゆみなど、有名芸能...
写真