日刊サイゾー トップ > 芸能  > 炎上広瀬すずに「柏木よりマシ」

“スタッフ軽視発言”で大炎上中の広瀬すずに「あの国民的アイドルよりマシ」の声

hirosesuzu062s2.jpg広瀬すずTwitterより

 人気急上昇中の女優・広瀬すずの“スタッフ軽視発言”が波紋を呼んでいる。

 発端は、18日放送のフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』内の人気コーナー「食わず嫌い王決定戦」でのこと。


 広瀬は自分の性格について「すごいドライなんですよ」と分析した上で「イルミネーション見て『わぁ~』っていうリアクションができない。これ(電飾)をあんな高いところにかけた人は一生懸命やってるんだな、っていうのはわかるんですけど」と告白した。

 これにMCの石橋貴明が、テレビ局などで働く照明さんを見てどう思うか尋ねると、広瀬は「どうして、生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう」とコメント。同様に音声スタッフに対しても「なんで自分の人生を、女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう。大人になって年齢を重ねるとともに、本当に(録音機器の)棒を(突き出して)……声を録るだけでいいの? って」と述べた。

 放送後ネット上は「スタッフ軽視だ」「売れて天狗になってる」と大炎上。広瀬は19日にTwitterで「いつもお世話になっているスタッフの方々に誤解を与えるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした」と慌てて謝罪した。

 くしくも19日は記念すべき17歳の誕生日。芸能プロ関係者は「とんだ誕生日プレゼントになりましたね。女優業は周りのスタッフの協力があってこそ。放送後、彼女は事務所幹部から大目玉を食らったそうです」と話す。

 広瀬はこれまでも嵐の大野智に向かって「40歳くらいだと思った」と発言するなど、数々の舌禍事件を起こしている。広瀬を知る人物は「自由奔放で、思ったことはついつい口に出てしまうタイプのようです。悪気があるわけではないのですが……」と話す。

 広瀬は2012年に芸能界デビューしたばかり。現在もネット上は大荒れ状態だが、NON STYLEの井上裕介がTwitter上で「17歳の女優さんがテレビでの発言に謝罪かぁ。そんなに厳しくないとダメなのかなぁ!?もう(少し)優しく考えてもいいと僕は思うけどなぁ」とフォローするなど、若干“騒ぎすぎ”の感もある。

 むしろ、芸能マスコミの間では「最近は事務所に教育されすぎた女優やアイドルが多くて、取材していてもつまらない。某国民的アイドルの流出写真を見ればわかる通り、本当は裏でエゲツないことやっているのに……。広瀬さんには、小さくまとまらないでほしいですね」と仰天エールも飛び出している。

 今後も、“失言女王”広瀬に注目だ。

最終更新:2015/06/23 10:00
こんな記事も読まれています

“スタッフ軽視発言”で大炎上中の広瀬すずに「あの国民的アイドルよりマシ」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

人気急上昇中の女優・広瀬すずの“スタッフ軽視発言”が波紋を呼んでいる。 発端は、18日放...
写真