日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 小林幸子コミケ出展でCD完売!

「活路見いだした!」小林幸子コミケ出展でCD完売!! 天敵・和田アキ子との差は開く一方で……

sachiko0818wb.jpg『小林幸子オフィシャルブログ』より

 「おもいで酒」や「ウソツキ鴎」などで知られる歌手・小林幸子が、オタク界で頭角を現し「生き生きしている」と話題だ。

 2012年に勃発した“お家騒動”で、長年二人三脚で歩んできた個人事務所の女社長らとケンカ別れした小林。自ら個人事務所を設立しただけではなく、長年所属していた大手レコ-ド会社・日本コロムビアから独立。新たにレコードレーベルも設立した。以来、33年連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』から姿を消した。

 また、お家騒動をきっかけに、“ゴッドねえちゃん”こと和田アキ子との争いが再発。こちらは01年の紅白をめぐり、「ヒット曲もないのに紅白に出続けている」と、和田が小林を批判したことに端を発する。さらに、リハーサル後の記者会見でも「なぜ、(昨年で)豪華衣装をやめると言ったのにやめないのか?」と、小林の衣装をつついた。これを受け、小林は「大がかりな装置はやめると言ったけど、派手な衣装をやめるとは言っていない」と応戦。以降、2人の冷戦状態が続いていたが、一連のお家騒動での小林の言動について、和田が自身の冠番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)で猛烈にかみ付き、関係が悪化した。

 そうした背景から、小林が芸能界で生きていくのは難しいとみられていた。しかし今月16日、小林が昨年に続き「コミックマーケット88」(以下、コミケ)にブースを出展。ミニアルバム「さちへんげ」を手渡しで販売すると、開始から約2時間40分で、昨年の1,000枚を上回る2,500枚を完売させた。

 これには世間も、「あの年でコミケ販売やる気になるだけですごいわ」「なんかこういうのはいいな。小林幸子応援したくなる」「5,000枚用意しても完売できそう!」など賛辞の声ばかり。また、「オタは守備範囲広すぎ」「活路を見いだしたか!」「紅白出られなくなってよかったかも。生き生きしてるしファン層も拡大した」と、小林がオタクに支持される現状も好印象のようだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed