日刊サイゾー トップ > 芸能  > 実写エンジェル・ハートの期待

なぜか叩かれない日テレ『エンジェル・ハート』 相武紗季出演で“微妙な風向き”に……?

kamikawa0908.jpg『エンジェル・ハート』公式サイト(日本テレビ)

 夏ドラマも終了間近だが、『花咲舞が黙ってない』『ど根性ガエル』『デスノート』など話題作を配した日本テレビが視聴率で“一人勝ち”状態。昨年、ゴールデン帯、プライム帯、全日帯と「視聴率三冠」を達成した勢いは未だ健在だ。

 そんな日本テレビにおける秋ドラマの“目玉”が、北条司原作の人気コミック『エンジェル・ハート』(新潮社・徳間書店)の実写化だ。

『エンジェル・ハート』は、80年代後半から90年代初頭に大ヒットしたハードボイルドコミック『シティーハンター』(集英社)のパラレルワールドとして連載されている作品。『シティーハンター』の人気も相まって、原作に思い入れの強いファンも多い。実写化を積極的に推し進めてきた日本テレビとしても、銃撃やアクションシーンの多い同作は“チャレンジ”と言えるだろう。すでに主演・冴羽獠(さえばりょう)役を上川隆也、義娘の香瑩(シャンイン)役を三吉彩花が演じることが判明していたが、8日、冴羽獠の最愛のパートナー・槇村香(まきむらかおり)を相武紗季が演じることが発表された。

 今回の実写化に際し、ネット上は大騒ぎ。「上川が“もっこり(冴羽獠の下ネタ)”をやるのか?イメージない」「実写化は本当にやめてほしい」というネガティブな書き込みで溢れかえるかと思いきや、「これなら許せる」「シティーハンターなら叩くけど、エンジェル・ハートならいいかな」など、肯定的な意見も決して少なくないのである。

「若い冴羽獠が派手に動き回る『シティーハンター』は、あのジャッキー・チェンが映画で演じても微妙でした(笑)。しかし、『エンジェル・ハート』の冴羽獠は年齢を重ねており、殺し屋や探偵の他に義娘を見守る“父”としての側面もありますので、ドラマにしやすいのは間違いありません。『花咲舞が黙ってない』で好評の上川隆也も、冴羽獠の“キザ”で“スケベ”なイメージを大きく壊すほどの違和感はないと判断されたんでしょう。『作品選び』も『主演選び』も絶妙で、日テレの好調ぶりが伝わってきます」(芸能記者)

 もはや「視聴率も期待大」の声も上がる『エンジェル・ハート』。人気アニメ・漫画原作の実写化作品がこれだけ支持を集めるのは極めて珍しい。これなら安心して視聴でき、日テレの“無敵艦隊”ぶりも安泰に思えるのだが……。

「槇村香役の相武紗季に関しては、現状ポジティブな意見は多くありません。発表されている上川と三吉に比べると、明らかに原作キャラのイメージを損ねていますからね。それに、実写化が受け入れられたことと、ドラマの完成度はまた別の話。初回放送で実写版『エンジェル・ハート』の世界観を確立できなければ、簡単に視聴率は下落します。放送前がスムーズだった分、制作陣の実力が試されますね」(同)

 漫画実写化としては、放送前から“珍しく”前向きな反応を受けている『エンジェル・ハート』。低視聴率にあえぐ某局にも見習ってほしい企画の妙だ。プレッシャーも大きいが、このドラマに成功すれば、日本テレビの牙城はさらに強固なものとなるだろう。

最終更新:2015/09/08 19:30

なぜか叩かれない日テレ『エンジェル・ハート』 相武紗季出演で“微妙な風向き”に……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

夏ドラマも終了間近だが、『花咲舞が黙ってない』『ど根性ガエル』『デスノート』など話題作を...
写真