日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元チェッカーズ息子逮捕を“拡散”

元チェッカーズ・武内享「大麻売買」の息子2人逮捕を“拡散希望”!? 親の鏡か単なるネタか

chekka.jpg『武内享公式ブログ』

 80年代にアイドル的な人気を博したロックバンド「チェッカーズ」の元リーダーで、ギタリストの武内享(53)の息子2人が、大麻取締法違反の疑いで警視庁少年事件課に相次いで逮捕されていたことが先月30日、分かった。「ちっちゃなころから悪ガキで~」という「ギザギザハートの子守唄」のフレーズは誰もが知っているところだが、自身の子どもは単なる“悪ガキ”ではすまされなかったようである。

「大麻売買」はれっきとした犯罪で到底許されるはずがなく、今後は手順に従って法の裁きを受けることになるだろう。著名人の子どもが逮捕される事件は頻繁に起こっており、“息子2人”という衝撃度を差し引けば今や珍しい事柄でもない。注目されているのは父・武内享の、息子逮捕に際しての“言動”である。

「武内は自身のブログ『オレの血となれ肉となれ』で、『ご報告』と題して息子2人の事件について責任を感じ、謝罪の旨を記しています。自ら事件について発信した点に『潔い』という評価もあります。ただ、一人称は常に『オレ』。ネット上では『謝罪ブログでオレ?』と状況をわきまえていないというツッコミや、『親の影響なんでは?』と、近年薬物問題に揺れる芸能界のイメージから、武内本人の薬物使用を疑うコメントも見受けられます」(芸能記者)

 さらに武内の“トンデモ行動”は止まらない。今度はそのブログ更新を自身のTwitter知らせたのだが、そこにもまた「?」な一言が……。

「武内は、自身の謝罪ブログのリンクをTwitterに貼った上で、“拡散希望”の文字を文頭に入れてツイート。SNSの拡散希望は多くの場合、災害救助、イベント集客、政治活動などで効率よく多くの人に情報を知らせるために使われるものですが、自身の息子の犯罪についての謝罪を“拡散希望”する人は極めて珍しいです。ネット上でも『こういう場合でも拡散希望って使うんだ……』と困惑の声が上がっていますよ。何の気なしに見たら“自虐ネタ”にみえなくもないです」(同)

 自身の愛息が揃って逮捕された事実は、親として悔やんでも悔やみきれないだろうが、「親の教育が悪かった」と非難の声も多く上がっている。そのような中で周囲を困惑させる発言をするのは、武内にとってマイナスでしかないのではないか。「わかってくれとはいわないが」では済まされないだろう。

 先日、同じく元チェッカーズのボーカル・藤井フミヤの息子がフジテレビに“コネ入社”したという噂が広まったが、武内に比べれば極めて平和なニュースである。明暗クッキリといったところか。

最終更新:2015/10/01 20:10
こんな記事も読まれています

元チェッカーズ・武内享「大麻売買」の息子2人逮捕を“拡散希望”!? 親の鏡か単なるネタかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

80年代にアイドル的な人気を博したロックバンド「チェッカーズ」の元リーダーで、ギタリスト...
写真