日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宇多田ヒカル「父激怒」のワケ

宇多田ヒカル復帰報道の「父激怒」は“サプライズ潰し”が原因? 実際の復帰は来年中か

utada1217「traveling」(東芝EMI)

 歌手・宇多田ヒカルの来年の活動再開を伝えた、スポーツ報知の記事内容を、父で音楽プロデューサーの照實氏と所属レコード会社が否定したが、音楽関係者からは「宇多田サイドがサプライズ発表を潰されて激怒していた」という話が聞かれる。

 5年前に「人間活動に専念」するため、音楽活動の無期限休止を発表した宇多田は、イタリア人男性との間にできた子どもを身ごもっていた7月、「妊娠中、新しいアルバムを制作してました」と自身の公式HPで発言したばかりだった。そのため活動再開が近いのは確かなようだが、報知が「海外で新曲をレコーディング中で、来年春にアルバムを発売する予定が立った」として、「新曲の番組タイアップなどの話も進行中」とした記事を出すと、照實氏は「全くのガセネタ」とバッサリ、所属ユニバーサルも「そのような事実はございません」と真っ向否定した。


 あまりの強い反応に、音楽関係者からも「どうしたんだ?」という声が上がっているが、その理由について、ある関係者は「久々の活動再開なので、サプライズで仕掛けるプランがあったようだ。それを報道で先手を打たれてしまったことが、激怒の原因だった」と明かす。

「これだけのブランクから復帰するとなれば、注目度はかなり高い。そうなると、ビジネス的に考えれば、それを大金に換えようとするのが自然。サプライズ発表で注目度を上げ、その付加価値をエサにタイアップなどの値も吊り上げられるわけです。ちょうどそういう交渉の余地がある中で、報知の報道が出て、色あせてしまった。それで怒ったんでしょう」(同)

 言われてみれば、宇多田サイドはメディアコントロールに非常に長けていることで知られ、デビュー時にも出演番組を制限する父親主導の絶妙な戦略で商品価値を上げたこともあった。狙ったプランを報道で台なしにされたというのなら、過剰反応もうなずける話だ。

「この件は相当、宇多田サイドを怒らせているようで、復帰会見のようなものがあっても、報知の取材は拒否するというウワサまである。実際には発売日が決まっているわけではなさそうですが、海外ではなく、夏に国内でレコーディングがあったのは間違いないので、そうなると来年中のリリースは堅いでしょう」(同)

 一説には、フジテレビのゴールデンタイム放送のドラマに新曲が主題歌として使われるともいわれ、また、同局の情報番組のテーマにも別の曲が使われるというウワサもあるが、いずれにせよ、来春ごろになれば報知の記事が事実だったかどうかわかるだろう。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2015/12/18 18:08
こんな記事も読まれています

宇多田ヒカル復帰報道の「父激怒」は“サプライズ潰し”が原因? 実際の復帰は来年中かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

歌手・宇多田ヒカルの来年の活動再開を伝えた、スポーツ報知の記事内容を、父で音楽プロデュー...
写真