日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 長友のイタリア人化が止まらない!

「イモだったころが懐かしい……」インテル・長友佑都の“イタリア人化”が止まらない!

nagatomoo05200.jpg

 これまで何度もインテルへの残留を希望してきた日本代表DF・長友佑都の契約更新が、ようやくまとまりそうだ。現地メディアに対して、スポーツ・ディレクターのピエロ・アウディリオ氏は、「白紙の契約書にユウトがサインするだけになっている、心配するな」と、イタリアンジョークを交えながら契約延長に太鼓判を押した。さらには長友の口からも前向きな発言が飛び出したのだが、この発言から長友が“イタリア人化”しているのではないかと、話題になっている。

「長友はインテルに加入して今年で6シーズン目。間近に迫った契約更新に関して質問をされると、『僕の血は青と黒(インテルのチームカラー)に染まってきている』と発言したんです。もうイタリア人の言い方ですよね。語学力の向上と同時に言い回しまでイタリア人になったみたいです。ファンは『イタリア人化が止まらないな!』『イモだったころの長友が懐かしい』と、寂しがっている人も多いですね」(スポーツディレクター)


 移籍がウワサされるDFラノッキアを除けば、来シーズンから長友はインテルで最古参となる。セリエAの強豪であるインテルでの名誉だけに、長友ファンは喜んでいるかと思えば、意外とそうではなさそうだ。

「ウワサではインテルでの引退を望んでいるという長友ですが、日本で所属していたFC東京での壮行会で『この青と赤(チームカラー)のユニフォームでこのピッチでまた戦い』と、いつかは戻ってくるというニュアンスの発言をしているんです。律儀な長友なので、忘れることはないと思いますが、実際どうなんですかね。FC東京のサポーターは『待ってるからな!!』『お前の血の色は青と赤だ!』『とりあえず青は確定ね』と、今でも待ち続けていますよ」(スポーツライター)

 インテルといえば、ある程度上の年代の人間からすると、日本人が所属しているだけでも夢のような存在。さらには最古参になれるなんて夢のまた夢だ。その夢のクラブと、古巣、どっちを取るのか、近い将来長友には難しい決断が待っているだろう。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/05/20 12:37
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「イモだったころが懐かしい……」インテル・長友佑都の“イタリア人化”が止まらない!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

これまで何度もインテルへの残留を希望してきた日本代表DF・長友佑都の契約更新が、ようやく...
写真