日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 加護亜依に再びAVオファー

6年前のセミヌード写真で数百万円!? “金欠”加護亜依に再びAVオファーが……

kagoai1224.jpg

 前夫と“DVトラブル”を経て離婚した元モーニング娘。の加護亜依に、“金欠疑惑”が浮上している。

 18日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)では、21歳の時に撮影したセミヌード写真を袋とじで掲載。「独占スクープ」と銘打たれた見出しだけでは、現在の加護が“脱いだ”と勘違いしそうなほどだ。


「先日、講談社のA氏が『FRIDAY』に出戻り、編集長に再任。この写真は2009年に発売されたDVD撮影の際に撮られたもので、当時A氏が一枚かんでいたことから、未公開ショットの掲載となったようだ。ある意味、『FRIDAY』『週刊現代』の喫煙スクープが加護のその後の人生を狂わせたといってもいいので、その罪滅ぼし的な部分もあると思う」(週刊誌記者)

 DVDを発売した段階で、加護にはまとまったギャラが支払われているが、今回の袋とじ9ページでも「加護には、数百万円の使用料が払われている」(同)という。

 加護は前夫と離婚の際、慰謝料や娘の養育費をめぐり、大モメしたとされる。

「DVトラブルも、離婚条件でモメた末に、加護が“仕掛けた”ようですからね。その後、慰謝料や月々の養育費で折り合いがつき、離婚が成立したと報じられたが、ここにきて前夫の支払いが滞っているという情報もある」(ワイドショー関係者)

「FRIDAY」では、来年1月から加護が芸能活動を本格的に再開させることも報告されている。スポーツ紙記者は「加護さんの親も、金銭的に厳しい生活をしているといわれる。彼女は、いわば“加護家”の大黒柱。本人は渋っているようですが、AV出演の話もまだ消えていません」と話す。

 加護にとって来年は、正念場の1年となりそうだ。

最終更新:2015/12/28 15:28
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed