日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 石坂浩二イジメが陰湿すぎ!

テレビ東京の“石坂浩二イジメ”が陰湿すぎ!「ヤクザと付き合いある」とウソ吹聴も……

ishizaka0202

 テレビ東京系『開運!なんでも鑑定団』を3月末で降板する俳優の石坂浩二に対し、一部番組関係者が「ヤクザと付き合いがある」などとウソの悪評を流していた疑いがあることがわかった。

 石坂は美術品などに造詣が深いことを生かして、1994年の番組開始から出演を続けてきたが、近年は出演しているのにオンエア上では発言のほとんどがカットされ、視聴者や番組観覧者から不自然さを指摘する声が相次いでいた。

 一部報道では、その理由として石坂を辞めさせたい番組の制作責任者、Aプロデューサーの意図的な嫌がらせだとされたが、局側はこれを否定。同局の高橋雄一社長も「ちょっと意外な取られ方をしている」などとしていた。

 石坂とA氏の確執は番組関係者のみならず、局内では広く知られていたようで、関係者からは「Aさんは『石坂のジジイがまだ辞めない』と、平然と公言していた」「その問題は2年ぐらい前から局内でタブーになっていた」などといった話が聞かれた。

「5年前に島田紳助さんが降板して、Aさんは番組を大きく変革するため、もっとお笑いの要素を強くしたかったようでしたが、石坂さんはその逆。教養的にお宝の価値にまつわる話を伝えたいと主張して、ぶつかっていたようです。司会の今田(耕司)さんはあまり美術品の勉強をしない人らしいので、石坂さんは必要な人だと思うんですけどね」(テレ東、別番組のディレクター)

 ただ、石坂に対する仕打ちは編集カットのみならず、陰でトンデモないことが起きていたようだ。同ディレクターが打ち明ける。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed