日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松坂桃李を追い落とす「最強の後輩」

綾瀬はるかとの破局は“焦り”からだった!? 松坂桃李を追い落とす「最強の後輩」と、仕事の現状

matuzaka0314TOP COATオフィシャルサイトより

 俳優の松坂桃李と女優の綾瀬はるかが「破局した」というニュースはそこかしこ出ているが、破局の理由は、結婚を急いだ綾瀬に対し松坂が「仕事に集中したい」という意志を示したとか。

 松坂は現在27歳。映画にドラマにと、20代のイケメン俳優の中でも “売れっ子”の部類といえるだろう。誠実そうな印象もあり、仮に綾瀬と結婚してもイメージ悪化などはないはず。にもかかわらず、所属事務所には「30歳まで結婚しない」と約束したという情報まであるのだから、ずいぶんと仕事に入れ込んでいるのがわかる。そこまでしなくとも、と外野は思ってしまうのだが……。


 どうやら、松坂は今の自分の仕事にかつてない「危機感」を感じているそう。同年代との対決では一歩リードしているような印象だが、とにもかくにも“下”からの突き上げがすごいというのが現状らしいのだ。

「事務所の後輩で、auのCMの『鬼ちゃん』でもおなじみの菅田将暉が、映画にテレビにCMにと 八面六臂の活躍をしており、松坂や同事務所の成宮寛貴を追い越すほどの勢いです。他にも福士蒼汰や山崎賢人、野村周平など、松坂より年下で売れっ子の役者がドンドン出てきてますからね。松坂としても自分のポジションなど、油断すればすぐ奪われると考えているのかもしれません。これまでもストイックな印象でしたが、今後はより自分に厳しく仕事に向き合っていくのではないでしょうか」(芸能記者)

 菅田将暉といえば11日、女優の二階堂ふみとの「夜のWデート」が「フライデー」(講談社)で報じられたばかり。本人は交際を否定したが、今や高い注目を集める俳優の一人としてのし上がった印象がある。同事務所として、松阪も意識しないわけにはいかないということか。

 また、松坂がそこまで“ナーバス”になる理由は他にもあるとのこと。

「昨年主演したドラマ『サイレーン』(フジテレビ系)、主演映画『ガッチャマン』や綾瀬との交際のきっかけとなった映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』など、主役クラスの出演作品はのきなみ視聴率や興行成績で低空飛行しているというのが松坂の現状です。いい作品に恵まれていないという見方もできますが、今のところ“代表作”といえるような作品がないのも事実。焦るのも無理はないのかもしれません」(同)

 スマートすぎるイケメンであるがゆえ、クセがなさすぎるのだろうか。とりあえずお茶の間の人気はかなりあるので、まずは「良作」に出演することが先決のようだ。

最終更新:2016/03/14 16:00
こんな記事も読まれています

綾瀬はるかとの破局は“焦り”からだった!? 松坂桃李を追い落とす「最強の後輩」と、仕事の現状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

俳優の松坂桃李と女優の綾瀬はるかが「破局した」というニュースはそこかしこ出ているが、破局...
写真