日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡本夏生が暴走を続けるワケ

本当の敵は別にいる!? “地雷女”岡本夏生が暴走を続けるワケ

okamoto0506

 タレント・岡本夏生の暴走が止まらない。4月に行われたトークイベント『ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~「ガチハル!」』でふかわりょうと大ゲンカし、テレビ界引退を表明。ひっそりと余生を送るのかと思いきや、このところブログを連日更新し、ふかわを批判し続けている。

「ぶっちゃけ、ブログで過激な発言を連発しているのは、7日の主催イベント『ガチワビ』の宣伝。彼女は、どうすれば話題になるか、マスコミに取り上げられるかを熟知していますから。それよりも心配なのは、彼女のメンタル面です」とはスポーツ紙記者。


 4月の『ガチハル』にはスッピン姿で現れ、台本を無視して暴走トークを展開。客席からは「ちゃんとやれ!」と罵声が飛び交い、ふかわがファンの前で土下座謝罪する一幕もあった。

「その時も彼女は、ステージ上にレコーダーを3台並べて、ふかわとのやりとりをすべて録音していた。以前から記者とのやりとりもレコーダーで録音し、名刺交換の際には携帯番号と住所まで聞かれる。何かトラブルがあったときの証拠にしたいのでしょうが、それをやられて気持ちのいい人はいませんよ。自宅は、これまで録りだめしていたテープで足の踏み場もないそうです」(同)

 最近も、フジテレビ系情報番組『ノンストップ!』に対して牙を剥いた。番組では岡本が音信不通となり、一時は開催も危ぶまれた『ガチハル』の経緯を紹介。その中で「イベント数日前になって、ふかわさん側から連絡が来たことに腹を立てたと説明。そして前日にも連絡が来たが、その電話に岡本さんが出られなかったため……」とナレーションされたことに、岡本が激怒。ブログで岡本は「この、報道の、され方だと イベント数日前に、ふかわりょうさんがわから、まるで電話連絡が、あったかのようにも解釈できる言い回しになっているでは、ないか!?」とつづり、「数日前の連絡」は電話ではなく、LINEだったと明かした。

 テレビ関係者は「ブログにふかわさんとのLINEを勝手に公開し、電話ではないことを力説していますが、そこにこだわる理由がわからない。でも、昔から彼女は、重箱の隅をつつくような手法で交渉事に臨んできた。これが、テレビ界からお声が掛からなくなった原因です。面倒くさいんですよ」と語る。

 岡本はふかわに異常固執しているが、実は“本当の敵”はふかわではない。

「すべては、3月末にレギュラー番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)を降板させられたことに始まる。制作サイドとモメて、一方的にクビになったことに我慢がならない。彼女には彼女の言い分があるのでしょうが、伝え聞いた話によると、晩年の岡本さんの横暴ぶりはひどく、10人聞いたら10人が制作サイドに同情するような内容。本当は番組プロデューサーなりが真相を話したいところだろうが、それをやったら彼女の思うツボ。相手にしないのが賢明という判断のようです。いまや全テレビ局、芸能事務所から“地雷女”扱いですよ」(舞台裏を知る人物)

 障らぬ神に……ということなのだろう。

最終更新:2016/05/08 08:00

本当の敵は別にいる!? “地雷女”岡本夏生が暴走を続けるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

タレント・岡本夏生の暴走が止まらない。4月に行われたトークイベント『ふかわと夏生のガチン...
写真