日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > ガンバ岩下はJリーグの“悪童”?
日本版ルイス・スアレス?

ファウル連発! Jリーグの“悪童”ガンバ大阪・岩下敬輔が日本代表に招集されないのが自業自得?

iwashita.jpgガンバ大阪オフィシャルサイトより

「サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする」

 これはサッカー界の共通言語だが、中には紳士的ではない選手もいる。その最たる例が、現在スペインのFCバルセロナで活躍するルイス・スアレスではないか。イングランドのクラブに所属時は、黒人である対戦相手に差別発言をし、8試合の出場停止となった。さらに復帰後の対戦では、当該黒人選手とのセレモニーでの握手を拒否。試合後に謝罪したものの、その行動は大バッシングを浴びた。そんなスアレスだが、今季も相手選手を踏みつけたとして問題視されている。本人は「故意ではない」と弁明しているが、過去にも相手選手にかみつくなど、悪童ぶりを挙げたらきりがない。

 一方、Jリーグにも悪童がいる。ガンバ大阪に所属する岩下敬輔である。昨年行われたJ1リーグファーストステージ第11節では、自陣に戻ろうとするサンフレッチェ広島の清水航平に肘打ちを見舞った。この行為が問題になったため、ガンバ大阪は「岩下選手はJリーグ規律委員会から直接、事情聴取を経て厳重注意を受けました。クラブ・本人ともに真摯に受け止め、フェアプレーの徹底に取り組むべく、チーム全体に対して再発防止に向けた指導・教育を行ってまいります」と、異例の声明を出す事態に。

 そんなクラブコメントとは裏腹に、翌12節でも岩下は相手に抜かれたところで、ラグビーのような羽交い絞めのファウルを見舞った。ネット上では大バッシングが起こったものの、「チームのためのファウルだったのでは」という擁護の声も上がり、沈静化した。

 だが、それで終わらないのが、悪童たるゆえんである。

 先日行われた、J1リーグファーストステージ第13節のサンフレッチェ広島戦。岩下は、ファウルをされたことに抗議する清水に近づき、後ろから頭をつかんで挑発したのだ。当然、清水は激高する。ある意味、岩下の狙い通りで、怒った清水に“やられたフリ”をするのかと思いきや、なんと岩下は清水の腕をつかみ、応戦する。結果、両チームの選手が入り乱れ、試合が止まってしまう。なぜ岩下は、こういった行為を繰り返すのだろうか?


12
こんな記事も読まれています

ファウル連発! Jリーグの“悪童”ガンバ大阪・岩下敬輔が日本代表に招集されないのが自業自得?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

「サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする」 これはサッカー界の共通言語だが、中には...
写真