日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 韓国ボコボコに歓喜!根強い嫌韓感情

韓国ボコボコにスペインファン歓喜! 根強い嫌韓感情の正体と、日本のテレビが隠したかったこと

soccer0603イメージ画像photo by SangSong from flickr

 1日に行われたスペイン対韓国は6-1でスペインの圧勝に終わった。スペインとしては、「ユーロ2016」前のコンディション調整として今回の試合を位置づけていたはずだったが、スペインファンはゴールが決まるたびに本番さながらの喜びを見せていた。それにはある理由があるという。

「やっぱり2002年日韓W杯の八百長の恨みは、いまだに消えてないみたいですね。当時の韓国は審判を買収し、強豪国を次々に撃破しました。ポルトガルは理解不能なレッドカードで2人退場。イタリアも、蹴られた側のフランチェスコ・トッティになぜかレッドカードが提示され、肘打ちやカンフーキックを受けて流血する選手も出ました。そしてスペインは、度重なる不可解なオフサイド判定と、何度見直しても納得のいかない理由でゴールを2つも取り消されて敗退しました。『あの事は一生忘れない』『人生で一番不愉快な思い出』と、スペインファンはいまだに根に持っていますね」(スポーツライター)


 当時、韓国は世界中からバッシング受けており、サッカー史上でも稀に見る歴史的大問題となっていた。しかし、日本での報道はかなり少なかったという。

「日本がW杯を成功させたという雰囲気を作りたかったからか、民放での八百長報道はほとんどなかったですね。せっかくサッカー人気が盛り上がっているのに、ぶち壊しにしたくなかったんでしょう。ちなみに10年後の2012年にFIFAの会長が韓国の八百長を認めた時も、日本での報道はかなり少なかったです。なので気づいてない日本人が多いのですが、あの大会はサッカー史に残る汚点なんです。FIFA新会長のインファンティノは、W杯を隣接した2カ国の共催にしていくと明言しましたが、この先100年は日韓共催はありえないでしょうね」(同)

 インタビューなどで、なんの関連もないところから韓国の話題をを無理やり引っ張りだしてバッシングするスペインやイタリアの選手たちを何度か見かけたことがある。よほど嫌な思い出として記憶に残っているのだろう。しかし、過去の過ちで、現在の選手たちにがバッシングされ続けるのもどうかと思う。いつか韓国の罪が許される日はくるのだろうか?
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/06/03 20:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

韓国ボコボコにスペインファン歓喜! 根強い嫌韓感情の正体と、日本のテレビが隠したかったことのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

1日に行われたスペイン対韓国は6-1でスペインの圧勝に終わった。スペインとしては、「ユー...
写真