日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > サッカー王国ブラジル凋落のワケ

ブラジルがコパ・アメリカ敗退! 王国が中堅国に成り下がった理由とは?

 12日に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ、グループリーグ第3戦。ブラジルはペルーに0-1で敗れ、大会から姿を消すこととなった。

 話題になっているのは、75分のペルーFWラウール・ルイディアスの“神の手ゴール”だ。スローで見るとハッキリと右手で押し込んでいるのがわかるが、審判団による数分間の協議もむなしく、これがブラジルを大会から追い出す決勝点となった。


 ジュビロ磐田でプレーをしていた経験のあるブラジルのドゥンガ監督も「手で決めたゴールで負けたのは初めてだよ」と怒りを爆発させている。ドゥンガ監督が怒るのは無理もないが、たった一つの誤審程度でサッカー王国ブラジルがグループリーグで敗退してしまうのは、ファンとしては少し寂しさも感じてしまう。ブラジルはいつだって、圧倒的な強さで相手を蹴散らしてきたからだ。

 今では世界的なスター選手もネイマール1人しかおらず、W杯南米予選でも現在6位と、このままでは予選突破することさえできない。もはや中堅国と呼んでも過言ではないだろう。一体なぜ、ブラジルは急に弱くなってしまったのだろうか?

「最近こそ少し落ち目ですが、ブラジルはずっと経済成長を遂げていました。それによって子どもたちのハングリー精神が失われてしまったのが大きな原因のひとつですね。子どもたちは金持ちになりたかったらサッカー選手になるしかないと思っていましたが、他にも選択肢があることを知ってしまったというのもあると思います。ちょっと前のブラジル代表の選手たちは、みんな小さい頃の貧乏エピソードを持っていましたが、最近はあまり聞かなくなりました。今後は、もっと弱くなっていくこともありえますよ。ブラジルW杯2014でドイツに満員のスタジアムで7-1とボコボコにされたのをきっかけに、今の子どもたちはブラジルがサッカー王国だという自覚がないんです。今夏のリオ五輪も優勝できなかったら、その流れはさらに強まるでしょうね。古豪と呼ばれる日は近いかもしれません」(スポーツライター)

 欧米では経済が豊かになるにつれてスポーツは発展してきたが、皮肉にもブラジルに関してそれは当てはまらないようだ。全てのW杯に出場を果たしている唯一の国であるブラジルは、果たして2018年ロシアW杯に出場できるのであろうか?
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/06/16 00:22
こんな記事も読まれています

ブラジルがコパ・アメリカ敗退! 王国が中堅国に成り下がった理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

12日に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ、グループリーグ第3戦。ブラジルはペルーに0...
写真