日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 清武弘嗣の“アナル会見”

「あの~」セビージャ清武弘嗣の“アナル会見”にスペイン全土がざわついている!

 ドイツのハノーファーからスペインのセビージャに移籍を果たした日本代表MF・清武弘嗣が現地で記者会見を開いた。およそ8億円もの移籍金でヨーロッパリーグ3連覇中の強豪クラブに加入した清武の注目度は当然高い。現地でも注目される中、自身が背負う10番への思い、試合に出場してゴールへ絡みたいという意欲を力強く語った。

 終始和やかな雰囲気で行われた記者会見であったが、その放送後のスペインでは、なぜかSNSがざわついていたという。

「まだスペイン語が話せない清武は、現地の通訳を介して日本語で記者からの質問に答えていました。それがマズかったですね。清武はしゃべるたびに『あの~』と感嘆詞を使っていたんですが、スペイン語ではそれが“肛門”という意味なんです。喋るたびに『あの~』と挟むので、40回ぐらい言っていましたよ。それに釣られてか、現地の日本人記者まで『あの~』と何度か言ってしまってました。さらにはスペイン人の通訳まで使ってたので、もうメチャクチャですよね。スペイン語の発音と日本語の発音は似ているので、スペインの人にはしっかりと“肛門”と聞こえていたと思います。地元のファンのSNSは『アナル記者会見は最高だった』『これでアナルのこと……いや、清武のことはしっかり覚えたよ』『普段下品な事では絶対に笑わない妻まで笑っていたよ』とざわついていました」(スポーツライター)

 清武本人からすれば全く意図していない事態だろうが、これで地元ファンに認知され、さらに親近感を持たれるキッカケになったことは間違いない。外国で活躍するには、地元のファンに愛されることは必須条件になってくる。考え方によっては、何も起こらない無難な記者会見よりはるかによかったのではないだろうか?
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2017/03/28 17:17
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「あの~」セビージャ清武弘嗣の“アナル会見”にスペイン全土がざわついている!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

ドイツのハノーファーからスペインのセビージャに移籍を果たした日本代表MF・清武弘嗣が現地...
写真