日刊サイゾー トップ > 芸能  > “巨星”続々逝去の芸能界、次は…

蜷川幸雄、永六輔……“巨星”続々逝去の芸能界 、次に危ないのは桂歌丸と岸部四郎?

eirokusuke_160715TBSラジオ『六輔七転八倒九十分』番組サイトより

 7日に肺炎のため83歳で亡くなった、放送作家、作詞家と多彩な活躍で知られるタレントの永六輔。

「永さんが以前から闘病していたのは、みんな知っていましたからね。そういう意味では、心の準備もできていたので、追悼番組制作の資料集めも以前から少しずつ動いていたんです。ただ、やっぱり同じラジオマンとしては悲しいですよね」(ラジオ局関係者)

 今回の永六輔のように、以前から闘病生活を送っているタレントの死去はまだしも、昨年急死した阿藤快のように、突然の逝去には周囲も対応しきれないという。

「人の生き死にの問題は難しいですから、事前にどれだけ情報をつかんでおくかってことが重要になりますね。そういう意味でいうと、年齢と体調の関係で『笑点』(日本テレビ系)を降板した桂歌丸師匠も心配ですよね。今はまだ『笑点』関連の仕事が続いていますから気も張ってるでしょうが、ひとりでは行動できないくらい、体力は低下しているみたいです。移動も車いすですしね。来月には、神奈川県の横浜高島屋で開かれる『笑点 放送50周年特別記念展』の初日に来場するみたいですから、大勢のマスコミが駆けつけると思いますよ。不謹慎ですが、今後どれだけマスコミの前に出てこられるかどうか、わからないですからね」(ワイドショースタッフ)

 また、最近はマスコミでも名前が挙がらない元・タイガースの岸部四郎も、体調が心配されるタレントのひとりだという。

「彼の近況は以前、週刊誌で老人ホームに入っているという記事が出たくらいです。ここ最近は、まったく名前も聞かないですからね。これだけ著名人が立て続けに亡くなっているので、岸部さんのほかにも、体調が不安視される田中邦衛さんの近況も調べるようにお達しが出た週刊誌もあるみたいですよ」(テレビ局関係者)

 昭和を彩った俳優やタレントたちが亡くなっていくのは、寂しい限りだ――。

最終更新:2016/07/15 17:00
こんな記事も読まれています

蜷川幸雄、永六輔……“巨星”続々逝去の芸能界 、次に危ないのは桂歌丸と岸部四郎?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

7日に肺炎のため83歳で亡くなった、放送作家、作詞家と多彩な活躍で知られるタレントの永六...
写真