日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > なぜサッカー監督は“病む”のか?

J1名古屋・小倉監督に続き、鹿島・石井監督も!? なぜサッカー監督は“病む”のか?

「オグさん、なんかおかしくない?」

 J1リーグセカンドステージ第9節、アウェイの柏レイソル戦に臨んだオグこと小倉隆史監督率いる名古屋グランパスだが、1-3で敗戦。17戦勝利なしというクラブワーストを更新し、J1残留圏となる15位のヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は、残り8試合で7ポイントまでに開いてしまった。とはいえ、8試合で7ポイントは逆転不可能な数字ではない。しかし、柏レイソル戦後に記者会見に登場した小倉監督を見て、サッカー関係者たちは冒頭の言葉を口々に発していた。

「記者会見中に、急に声が大きくなったと思ったら、不安そうな小さな声になったり。表情がうつろというか……。『あの明るいオグさんが、うつ病っぽく見えるなんて』と、会見後はザワついていました」(サッカーライター)

 サッカー関係者たちが懸念した通り、その3日後に小倉監督の休養が発表された。なぜ、小倉監督は、そこまで“病んで”しまったのか?

 名古屋グランパスの、ファーストステージの入りは悪くなかった。高い位置からプレッシングをかけ、奪ってからはシンプルに大型FWのシモビッチを使う。この現実的なサッカーを徹底すればよかったのだが、徐々に最初に看板を掲げた「5人目まで連動するサッカー」という理想に傾倒しようとした。これが選手の混乱を招き、かつ6月からの蒸し暑さにプレッシングもかからなくなり、勝ち点を奪えなくなっていった。

 さらに悪いことに、小倉監督はGMも兼任していた。新人監督にもかかわらず、自分で自分にハッパをかけなくてはいけない。小倉監督は天然タイプではなく、理路整然としている。小倉GMという立場で小倉監督を評価すれば、当然、解任となる。が、立場上、それはできない。「このアンビバレンスに、大将と呼ばれるオグさんも参ってしまったのでしょう」と、サッカー関係者たちは口をそろえる。新人GMが新人監督を兼任し、小倉GMにも優秀な補佐はなく、小倉監督にも監督経験豊富なコーチをつけなかった。完全なマネジメントの失敗である。


12
こんな記事も読まれています

J1名古屋・小倉監督に続き、鹿島・石井監督も!? なぜサッカー監督は“病む”のか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

「オグさん、なんかおかしくない?」 J1リーグセカンドステージ第9節、アウェイの柏レイソ...
写真