日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > SOD新社長はイケメンAV監督

ソフト・オン・デマンド新社長に35歳のイケメンAV監督が就任! SODの行く末とは

daitori_a

 人気AVメーカー「SOD(ソフト・オン・デマンド株式会社)」の代表取締役社長に野本義明こと野本ダイトリ氏(35)が就任した。野本氏は「マジックミラー号新シリーズ」「人妻シリーズ」といった企画作品や、「原紗央莉」「紗倉まな」など単体女優の作品を数多く手がけたSODグループの人気AV監督でもある。AV業界きってのイケメン監督としても知られ、AD時代は自ら街頭に立ち、SODのナンパ隊リーダーとしても活躍。数多くの素人をAV出演させたキャリアを持つ。社内ではさわやかで誠実なイメージで、女子社員たちからの信頼も厚いというが、今回はその野本氏を直撃。SOD新社長までの道のりや、野本氏が考えるSODの未来像を聞いてきた。

──おめでとうございます。150億円企業ともウワサされるSODの新社長に就任。今後はSODを背負って立つわけですが。

野本 ありがとうございます。でも、まだ正直戸惑っています(笑)。もともと、AVが好きでAV監督になりたくてこの会社に入ったので、それが社長、しかも代表取締役になるなんて、考えてもいませんでしたので。AVのことならいつまででも語ることができるんですが……。どうしたらいいんでしょうね(笑)。

──もともとは体育会系とも聞きました。“青春”が監督時代の作品のテーマであったとも。

野本 座右の銘が“一生青春”なんです。“青春”好きですね。その言葉をベースに生きてきたんです。たとえば熟女物の作品を作るにあたっても“熟女の青春”をテーマにしたり。夢を持って、がむしゃらに生きてきたこれまでの時代を忘れず、社長になったこれからも“一生青春”を胸に頑張ろうと思っています。

──ちなみに学生時代は、なんのスポーツをやっていたんですか?

野本 砲丸投げです。僕は小、中、高、大とずっと運動ばかり。陸上部で砲丸投げというモテないスポーツをやり続けていました。

──スケベな体育会系青年だったということですね。

野本 いや、エッチの目覚めは実は遅かったです(笑)。女性と交際して付き合うようになったのも高3くらいから。それまで、ほとんどそういうことに対する興味はなかったんです。運動ばかりしていたので。

──それがまた、なぜAVの世界に入ろうと思ったのですか?

野本 浪人の時にノンフィクション作家の永沢光雄さんの書いたAV女優さんのインタビュー本(文春文庫『AV女優』)を読んだのがきっかけです。当時、世間知らずで運動バカだった僕が、たまたま本屋さんでその本を手に取る機会があって、ちょっと面白そうだなと思って買ったのがすべての始まりです。予備校の自習室で毎日それを読んでいたんですが、その内容に衝撃を受けたんです。

──AV女優の生き様に感動したということですか?

野本 そうです。AV女優さんの生い立ちとか、撮影中の秘話だとか……そういうことを彼女らが赤裸々に語っていて、僕と全然住む世界が違う、こんな人たちがいるんだなって驚いたんです。たとえば、不良だったり、女番長だったり、親からも教師からもさんざん嫌われて生きてきた人たちが、ある日、AVという世界を見つけて、そこで自分を見出し、他人から必要とされる人間に成長して生きていく。こんな人たちを応援したい、これを撮る人になりたいって思ったのがきっかけです。

1234
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真