日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里がAV転身後、初公の場

AV女優・ANRIが初の公の場!「カラコン手掛けたい」発言で、ホラン千秋「意思がどこにあるのか……」

sakaguchi1217.jpg

 故・坂口良子の娘の坂口杏里が24日、東京・秋葉原で“ANRI”としてAV転身後、初となるファンイベントを開催し、「カラーコンタクトのプロデュースをしたい」と目標を語った。

 ファンの前に登場した坂口は、簡単なトークのほか、デビュー作『What a day!!』(MUTEKI)の購入枚数に合わせた特典として、サイン色紙や生写真のプレゼント、サンタのコスプレでのツーショット撮影などを行った。

「参加券がなくなることはなかったのですが、50名を超えるファンが来場。多くが坂口良子世代の50歳前後の男性で、『良子さんの娘だから』という理由で訪れた人もいた様子。ちなみに会場では、元カレのバイきんぐ・小峠英二ネタで笑いを取っていたほか、2本目については『未定』と明かす一方で、カラコンのプロデュースの展望も。以前、AV女優としてトップを目指すと宣言していた彼女ですが、2本目が滞っているところを見ると、なかなか厳しい状況なのかも。彼女を見ていると、明確なビジョンのなさや人任せの部分を、そう見えないように必死で取り繕っているようにも見えます」(芸能記者)

 26日のトークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)では、坂口の“カラコン発言”を紹介。これに、ホラン千秋が「セクシービデオで人生をリセットしてっていうところで、決意みたいのがあるのかなあと思ったら、次は違うことなので、彼女の意思がどこにあるのかなあっていうのが、ちょっとわからなくなっちゃう」と眉をひそめた。また、数々の商品をプロデュースしてきた美容家のIKKOも、「儲かると思ってやる人がいるけど、在庫抱えたり、1回売れなかったら切られるとか、そんな甘くない。プロデュースとか、平気で言ってほしくない」と苦言を呈した。

「ローラ、益若つばさ、AKB48・小嶋陽菜、藤田ニコルなど、多くの人気タレントがカラコンのプロデュースや広告塔を務めていますが、メーカー側は購買層の若い女性にリサーチを行うなどして、人気の高いタレントを選んでいる。坂口がどういった意図で、カラコンのプロデュースを目指しているのかはわかりませんが、もし、カラコンのプロデュースをしている『●●ちゃんみたいになりたい』と思っているのなら、それは購入者の購買心理と同じです」(女性誌ライター)

 先月には、Twitterで「私は私の人生、誇りを持って生きてきます」「地に足ついて私は一生懸命色んなこと頑張ります」(原文ママ)と高らかに宣言していた坂口。彼女がプロデュースしたカラコンが店頭に並ぶ日は、訪れるのだろうか?

最終更新:2016/12/27 23:00
こんな記事も読まれています

AV女優・ANRIが初の公の場!「カラコン手掛けたい」発言で、ホラン千秋「意思がどこにあるのか……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

故・坂口良子の娘の坂口杏里が24日、東京・秋葉原で“ANRI”としてAV転身後、初となる...
写真