日刊サイゾー トップ > 芸能  > きゃりー新曲CD売上大爆死!

きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「原宿いやほい」初動3,928枚の衝撃! CM契約激減でオワコンまっしぐら

きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「原宿いやほい」初動3,928枚の衝撃! CM契約激減でオワコンまっしぐらの画像1

 きゃりーぱみゅぱみゅの13thシングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」(ワーナーミュージック・ジャパン)が初動3,928枚に留まり、世間に衝撃を与えている。

 18日にリリースされた同シングルは、中田ヤスタカのソロ曲とのダブルA面。「原宿いやほい」は、きゃりーが「原宿でいやほい!」と繰り返すサビが印象的な楽曲となっている。

 しかし、1月30日付のオリコン週間CDシングルランキングでは、初登場15位と寂しい結果に。最も勢いがあった5thシングル「にんじゃりばんばん」の初動2万6,648枚の、約7分の1のセールスだ。

 なお、初動が1万枚を切るようになったのは、おととし9月リリースの11thシングル「Crazy Party Night~ぱんぷきんの逆襲~」以降。10thシングル「もんだいガール」は、初動1万6,032枚のヒットを記録したが、「Crazy Party Night」で7,677枚までガクッと下がり、昨年リリースの「最&高」は初動5,009枚とさらに落ち込んだ。

「『最&高』は、楽曲の販促効果抜群といわれるコカ・コーラのタイアップがついていたにもかかわらず、大惨敗。これまでの2形態から、『原宿いやほい』は1形態のみでの発売だったことも数字が伸びなかった一因と考えられるものの、『原宿いやほい』のMVには既視感が漂い、『またこの感じか……』と世間に飽きられた感は否めない」(音楽ライター)

 きゃりーといえば、全盛期の2013年には12社のテレビCMに出演していたものの、ここ最近は激減。おととし、『NHK紅白歌合戦』に落選した際には、自身のTwitterで「スタイリストさんが送ってくれた言葉が染みすぎて朝からずっと泣いてる」(後に削除)と悔しさをにじませていた。


12
こんな記事も読まれています

きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「原宿いやほい」初動3,928枚の衝撃! CM契約激減でオワコンまっしぐらのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

きゃりーぱみゅぱみゅの13thシングル「Crazy Crazy (feat. Charl...
写真