日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 稀勢の里が朝青龍に利用される!?

横綱昇進の稀勢の里が元・朝青龍に利用される!?「国会議員選挙を見据えて、モンゴル巡業を……」

横綱昇進の稀勢の里が元・朝青龍に利用される!?「国会議員選挙を見据えて、モンゴル巡業を……」の画像1

 大相撲・稀勢の里が横綱に昇進したことでささやかれ始めたのが「朝青龍のモンゴル巡業要請」だという。現在は母国モンゴルで実業家となっている元横綱・朝青龍(本名・ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ)が、稀勢の里との親密な間柄から、日本相撲協会の関係筋にモンゴル場所の開催を要請するというウワサがあるのだ。

 なぜ稀勢の里の横綱昇進で、朝青龍がモンゴル巡業に動き出すのか。モンゴルで日本のメディア向けガイドをしている男性によると、その背景には「朝青龍が2020年の国会議員選挙を見据えて、母国でのイメージアップを狙っている」という。

「ダグワドルジ(朝青龍)さんはモンゴルでよく知られていますが、ゴシップも多いので嫌いだという人も少なくないんです。今は選挙に向けて、その存在をアピールすることに躍起になっているんです」(ガイドの男性)

 現役時代はモンゴルの国民的ヒーローだったはずだが、それも過去のものなのか。

「本人は国会議員になって、それこそ大統領になりたいというぐらいの大きな野望を持っているとも聞く」とガイド。そこで、現地で人気の高い日本の大相撲を利用しようというわけだ。

「かわいがっていた稀勢の里の横綱昇進となれば、表向き『お祝いだ』として巡業計画をプレゼントする形が取れます。決まれば現地開催の費用はモンゴル側から引っ張れる部分もあるので、相撲協会にとっても、悪くない話のはず」(同)

 朝青龍と稀勢の里は現在でも連絡を取り合うなど特別な絆があるといわれる。03年の夏場所、当時16歳だった稀勢の里が三段目で7戦全勝しながら決定戦で敗れた際、人目を気にせず号泣。当時の横綱・朝青龍が「その悔しさを忘れるな。そうすれば必ず強くなる」と励ましたというエピソードがあり、それ以来、稀勢の里は朝青龍を尊敬してきたとされる。実際に巡業の場所を決めるのは相撲協会の巡業部になるが、横綱となった稀勢の里がモンゴル行きを強く望めば、大きな後押しとなるのは間違いない。

 過去、モンゴル巡業は朝青龍の知名度を生かし08年に実現したが、このときは舞台裏のトラブルが表面化。モンゴル力士の先輩で国会議員の元小結・旭鷲山がぞんざいな扱いをされて激怒し、「モンゴルは暴動も起きていて、治安が悪い」として延期を申し入れたことで対立。モンゴル側が決して一枚岩でないことを露呈した。


12
こんな記事も読まれています

横綱昇進の稀勢の里が元・朝青龍に利用される!?「国会議員選挙を見据えて、モンゴル巡業を……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

大相撲・稀勢の里が横綱に昇進したことでささやかれ始めたのが「朝青龍のモンゴル巡業要請」だ...
写真