日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水アキラ三男“芸能界引退”?

清水アキラ三男、違法賭博疑惑報道で“芸能界引退”不可避? 昨年8月には「第1子誕生」も……

清水アキラ三男、違法賭博疑惑報道で芸能界引退不可避? 昨年8月には「第1子誕生」も……の画像1清水良太郎公式ブログより

 10日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)で、ものまねタレント・清水アキラの三男でタレントの清水良太郎が違法賭博疑惑を報じられた。この報道を受けて、清水は引退へ一直線に向かっていきそうだという。

 同誌によると、清水は俳優とともに1月下旬、東京・池袋にある違法賭博を行う遊技場に入店。2人は現金をチップに替えて約3時間にわたって「バカラ」に興じていた。記事では、バカラ台に肘を掛けてチップに手を伸ばす姿や、退店する様子の写真も押さえられ、10万円単位で現金をチップに替えていることなどが、関係者によって詳細に語られている。

 言い逃れできない証拠の数々を突きつけられた清水の今後について、芸能関係者は「弱小の個人事務所なので、各社の報道を止めることができないようです。次々とワイドショーにも取り上げられ、非難の嵐が吹き荒れるでしょう。違法賭博イコール反社会的勢力の資金源というのは、もはや常識。コンプライアンスが厳しくなった近年では、反社会的勢力と関わりのあるタレントなんて、もう使われることはありません。島田紳助さんの例などを見れば分かる通り、もう芸能界ではやっていけませんよ。活動はなくなって、自然と引退となるでしょう」と声をひそめる。

 清水の所属事務所は「わからなかったとはいえ、違法賭博を行う場所に行ったのは事実で、このように皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを、本人を含め父親の清水アキラも重く受け止めております。これから信頼を取り戻すべく、日々努力していく所存でございます。ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます」と謝罪したが、処分は明らかにしなかった。

「所属事務所は現状で入っている仕事は、なんとかやり遂げたいと思っているようです。違約金を払いたくないという思いもあるのでしょうが……。苦しい言い訳をして仕事を続けるのも限界があります。おそらく、キャンセルせざるえない状況になっていくでしょう」(同)

 清水は、昨年5月に一般女性と結婚したばかりで、8月には「第1子を授かりました」とファンに父親になることを報告していた。まさに幸せの絶頂の中での悲劇だが、自業自得としか言いようがない。

最終更新:2017/02/10 17:00

清水アキラ三男、違法賭博疑惑報道で“芸能界引退”不可避? 昨年8月には「第1子誕生」も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

10日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)で、ものまねタレント・清水アキラの三男でタ...
写真