日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水富美加の略奪は長男のためか

清水富美加の略奪は「すべて長男のため!?」“大川宏洋の相手役オーディション”失敗が関係か

 女優・清水富美加の出家騒動について、ある芸能関係者は「息子が募集していた新人オーディションが関係してそうだ」と話す。

 幸福の科学総裁・大川隆法氏の長男で副理事長を務める大川宏洋(ひろし)は、芸能事務所“ニュースター・プロダクション”の社長を務め、自身もタレントとして所属。現在11名の所属者がおり、教団製作映画や、先月旗揚げされた「劇団新星」の舞台が主な活動となっている。

「宏洋は昨年9月に『Revolution!!』(SUNLIGHT)でCDデビューしたほか、今夏公開予定の教団製作映画『君のまなざし』で主演、総合プロデューサー、脚本を務めている。しかし、宏洋の歌唱力は素人レベルで、演技力も知れたものでしょう。大川総裁の親バカぶりは相当なもので、昨年12月に幕張メッセで行われた教団の祭典『エル・カンターレ祭』では、宏洋が2曲の持ち歌を披露。大川総裁は『RADWINPSより、よほどうまい』などとベタ褒めしていました」(芸能記者)

 そんな宏洋率いるニュースター・プロダクションが、昨年10月から「ニュースター・プリンセス・オーディション」と銘打った新人オーディションを開催。「本オーディションでは、外見の美しさだけではなく、険しい道を選び乗り越えていく心の強さ、知性と愛が含まれた心の美しさなども重要です。美のオピニオンリーダーとなって、多くの人に影響力を与えられる人間的魅力を兼ね備えた女性を求めています」(オーディション公式サイトより)とし、今月下旬には各受賞者の表彰式が予定されている。

「このオーディションは、言うなれば“宏洋の相手役オーディション”。グランプリ受賞者には賞金30万円のほか、同社と専属契約を結び、来年公開映画の教団製作映画のヒロインに選ばれる可能性も……という触れ込みで、9歳から25歳の女性を募集していました。しかし、信者以外からの募集は見込めませんから、応募者の数はかなり厳しいはず。そこで白羽の矢が立ったのが、清水だったんじゃないでしょうか」(前出の芸能関係者)

12

清水富美加の略奪は「すべて長男のため!?」“大川宏洋の相手役オーディション”失敗が関係かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(1)

女優・清水富美加の出家騒動について、ある芸能関係者は「息子が募集していた新人オーディショ...
写真