日刊サイゾー トップ > 芸能  > 内藤剛志が故・渡瀬垣彦の後継者に?

『警視庁・捜査一課長』絶好調! 内藤剛志が故・渡瀬垣彦さんの“後継者”になる!?

故・渡瀬恒彦さんの遺作『警視庁捜査一課長』絶好調! 内藤剛志が後継者になる!?の画像1東映マネージメント公式サイトより

「まさか初回で14.5%も取れるとは思っていなかったので、スタッフ一同ビックリしましたね(苦笑)。局側も、よくて12%くらいを想定してましたからね。現在は6話あたりを撮影していますが、驚くほど順調です。それもやはり、内藤さんの“座長”の力が大きいんじゃないですかね」(ドラマスタッフ)

 内藤剛志が主演し、制作陣に東映も名を連ねるドラマ『警視庁・捜査一課長 Season2』(テレビ朝日系)。初回は14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好調な滑り出しだったが、2話目は9.6%と大幅にダウンした。

「それでも、まだ平均で12.1%ですからね。そもそも、これくらいが当初想定していた数字でしたから、現場は特に落ち込んでませんよ。平均で12%くらい取れれば来年も続編をやることが決まってますし、東映も『相棒』(同)の次のコンテンツ探しに必死ですからね。そこそこ数字取れるものはとりあえず続編で様子を見る、という方針のようです」(テレビ朝日関係者)

『警視庁捜査一課9係』(同)など、さまざまな作品で長らく東映を支えてきた渡瀬恒彦の亡き今、後継者として内藤のほか、上川隆也や内野聖陽などの名前が挙がっているが、『科捜研の女』(同)での実績も考慮して、今は内藤が一歩リードしている状態だという。

「上川さんはバラエティにも出ますから、まだ少し軽い感じがしますし、内野さんは舞台の仕事も多く、スケジュールに難があります。それに、最近の内藤さんは“主演”としての立ち居振る舞いが以前とは違ってきてますね。ゲストの人が芝居をしやすいよう、カメラの回っていないところでも練習に付き合ってあげたりしています。渡瀬さんはあまり口数が多くなくて背中で引っ張るタイプだったので、そのあたりは内藤さんも通ずるところはありますね。東映は、そういうところも気に入ってるんでしょう」(芸能事務所関係者)

 ドラマのように、成り上がることはできるか――。

最終更新:2017/05/08 10:00
こんな記事も読まれています

『警視庁・捜査一課長』絶好調! 内藤剛志が故・渡瀬垣彦さんの“後継者”になる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

「まさか初回で14.5%も取れるとは思っていなかったので、スタッフ一同ビックリしましたね...
写真