日刊サイゾー トップ > エンタメ  > TBS『ラフターナイト』の選球眼

「ブレーク芸人」大量輩出中のTBSラジオ『ラフターナイト』──その“選球眼”の秘密を聞いた!

「ブレーク芸人」大量輩出中のTBSラジオ『ラフターナイト』──その選球眼の秘密を聞いた!の画像1

 ひところ、「テレビのネタ番組が減った」とよく言われた。それに伴い、若手芸人がテレビに出る機会が減少した、とも。だが、2015年の『M-1グランプリ』復活あたりから潮目が変わり、深夜にネタ番組が増加。『内村てらす』(日本テレビ系)、『こそこそチャップリン』(テレビ東京系/今年4月より『にちようチャップリン』にリニューアル)、『有田チルドレン』『有田ジェネレーション』(TBS系)、『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)内「お願い!マンピンコン」、『新しい波24』(フジテレビ系)など、各局が活きのいい若手を次々と出演させている。

 そんな中にあって、お笑い好きの間で注目度の高いネタ番組が、テレビではなくラジオにある。毎週金曜24時からTBSラジオで放送されている『マイナビLaughter Night』(ラフターナイト)だ。

『ラフターナイト』は15年4月に開始した。毎月40組の芸人がオンエアを争うネタバトルに参加し、観覧客の投票によって20組がオンエアを獲得する。放送後、ホームページで受け付けているリスナー投票と、TBSラジオ・JUNK総合プロデューサーの宮嵜守史氏、『水曜日のダウンタウン』プロデューサー・藤井健太郎氏、『おぎやはぎのメガネびいき』等を担当する放送作家・鈴木工務店氏による番組審査員の審査に基づいて、「月間チャンピオン」が決定する。

 当初は毎週土曜日24時から30分間の番組だったが、今年4月から金曜24~25時の1時間枠に拡大。前半30分が5組のネタをオンエア、後半30分が結成6年目のコンビ・空気階段による「空気階段の踊り場」という構成になった『ラフターナイト』がお笑い好きから注目されている理由は、その“選球眼”にある。

 歴代月間チャンピオンには、カミナリ、メイプル超合金、相席スタートなどが並ぶ。いずれも『M-1グランプリ』出場前で、ライブに足を運ぶようなお笑いファンにはその実力が知られていたものの、世間的にはまったくの無名だった時期だ。彼ら以外にも、その『M-1グランプリ』をはじめ『キングオブコント』や『R-1ぐらんぷり』ファイナリスト候補と目される若手芸人たちが、月間チャンピオンに輝いている。

 コアなお笑いファンを納得させるラインナップは、どのようにして実現しているのか? 同番組を担当する越崎恭平ディレクターに聞いた。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真